櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!

過去の放送


原子力規制委の安全審査基準は適正か
活断層の活が消えただの断層も危なくなった

 関西電力など4社が、運転開始から40年前後の原発5基を廃炉にすると決めました。福島第一原発の事故を受けて、原発の運転期間を原則40年と制限し、その後に廃炉にする改正原子炉等規制法の適用によっては、日本国内の原発はゼロへの道を進みます。原発の再稼働が進まないのは何故なのか 原子力規制委員会の安全審査基準は適正か、安全審査の現場で今何が起きているのか 日本の原発の安全レベルはいまどこまで改善されているのか、原発を巡る日本と世界の事情はどれ程かけ離れているかなど、対談は問題点の整理と今後のエネルギー政策を考えるうえで極めて有益な議論が満載です。
 対談の冒頭、公平な伝え方がなされるべきメディアの原発報道が、事実に反し報道されている例として 1.テレビ朝日「報道ステーション」3・24放送『再稼動この夏にも“地震想定”は大丈夫か』 2.NHKスペシャル昨年12・24放送『メルトダウンFile.5知られざる大量放出』の放送内容を細かく分析し、どの部分がどのように事実に反しているかを奈良林教授が指摘し、反論と抗議を行いました。
活断層と安全性の議論の中で、櫻井キャスターは「敦賀2号では裏底断層=活断層を問題にしていたのが、いつの間にか問題ではなかったD-1破砕帯が「活」を取って、どんな小さなひび割れも危ないとなった」と指摘すると、奈良林教授は「大事なのは主断層、活断層が動いた時につられて副断層やヒビが、どういう動きをして原発にどんな影響があるかを工学的に評価し、対策をとればいい。活断層かどうかという議論だけでは、安全性を高める議論になりません」と議論の在り方に警鐘を鳴らしました。

≪動画インデックス≫
 1.テレ朝・報道ステーション『川内原発の地震想定は大丈夫か』は事実に反する
 2.NHKスペシャル『メルトダウンFile.5知られざる大量放出』も事実に反する 
 3.地震でなく津波を見過ごしてきた責任は重大だ!
 4.原発が行っている安全性への努力をメディアは伝えていない
 5.敦賀2号中心施設の下を走るのは活断層か?断層か?
 6.いつの間にか活断層の「活」が消え、活断層でない断層も対象になった
 7.菅直人元首相が仕掛けた「原発ゼロへの道」=原子力規制委員会+活断層+40年問題
 8.適正に運用されなければ40年問題制度は原発のシュレッダーマシーンだ!
 9.米国の安全審査期間は5年、10年なのに、日本は膨大な審査でたったの1年3ヶ月
10.原子力規制委員会の安全審査が、適正に行われているか監視する制度を
   作るべきだ!

 Internet Explorer/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。
 Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

 ご使用の端末によって動画プレーヤーの見え方が異なります。

 プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。
  動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。


ゲスト

奈良林 直
奈良林 直 (ならばやし ただし) 
北海道大学教授
1952年東京都生まれ。1978年東京工業大学大学院理工学研究科原子核工学専攻修士課程修了、(株)東芝入社後、原子力事業本部原子力技術研究所に配属され、原子炉の安全性について研究を行う。2005年に北海道大学大学院工学研究科助教授に就任し、2007年から現職。内閣府原子力安全委員会専門委員、原子力安全保安院安全性総合評価意見聴取会委員など歴任。第4世代など新世代原子力発電所の安全技術に関する第1人者。

※ プロフィールは放送日2015.03.27時点の情報です



一覧へもどる