櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!

元気になるメルマガ

2015.09.01号

「化粧」

#りえさんの肌美

急に涼しくなりました。庭の片隅で鳴く虫の音に秋の到来をきいていま
す。軒先のすだれも、そろそろ片づけなければなりません。

過日、ホテルニューオータニで行われた鈴乃屋さんの着物ショーに、友
人たちと連れ立って出かけました。

ほっそりしたモデルさんたちの着物姿はとても美しく、とりわけ宮沢り
えさんの美しさは溜息が出るようでした。彼女が舞台に姿を現わすと自
然に会場に拍手がわき、彼女が微笑むと、思わず見ている側にも笑顔が
こぼれるのでした。存在自体が人々を魅きつけるということが女優さん
の女優さんたる証しなのだと実感しました。

着物姿の美しさは無論ですが、私は、りえさんのお肌がはっとする程輝
いていたのに魅了されました。お化粧をしているはずですが、ツヤツヤ
とまるで素肌の輝きです。他のモデルさんたちの肌も十二分に美しく白
いのですが、りえさんのそれは本当に素肌のようなツヤと輝きを放って
いました。

肌が美しいって素敵ですね。いくつになっても幼い子供たちのように素
肌でいられたらどんなにいいでしょう。

ずっと前のことです。もう一人、殆んど素顔の、とても美しい高齢の方
にお会いしました。着物を上下の2ピースのように切り分けて、体に無
理のないようにゆったりとお召しでした。口元にほんのり紅をさしてい
ました。グレーの御髪とくっきりした富士額が印象に残っています。

 この方は、清宮貴子内親王と結婚なさった島津久永さんのお母様、島
津久子さんでした。2005年5月に106歳で亡くなりましたが、ご
高齢と思えない肌の美しさと上品な佇いは、どのようにして島津さんの
生きる基本型になったのかしらと、思いました。

この記事や動画をすべて閲覧・視聴いただくには、会員ログインしてください。

  


一覧へもどる