会社概要

設立趣旨


 言論テレビ株式会社は、自由なインターネット空間で事実に基づく情報を発信し、正しいと信ずる論陣を張る独立自尊のインターネットテレビを運営するために設立しました。 
 日本の内外の情勢の変化は驚くべき速度と規模で変化しています。既存のメディアでは追いかけきれず、捉えきれない劇的な変化の中で、私たちは、ともすれば針路を見失いがちです。国際関係の潮流を読み解き、分析する戦略的視点を、偏見を持たずに提供し、日本の活路を切り拓く一助としたいと願っています。そのためには、おもねず、依存せず、事実を見据えた論陣を展開するのが私たちの責任だと思います。
 私たちは言論が限りなく自由で自立しているべきだと信じています。同時に、その自由と自立の度合いに見合う責任を負っていると考えます。言論テレビ株式会社は言論の責任を座右の銘とし、自らを律し、かつ果敢に報道していきます。


会社概要


会社名 言論テレビ株式会社
(英名:GenRonTV, Inc.)
設立 2012年10月
役員 取締役会長    櫻井 よしこ
代表取締役社長  安藤 信充 (略歴)
常務取締役    土屋 慎司
主な事業 ・インターネット番組の企画・制作などすべての運営
・インターネットなどを利用したコンテンツの企画、制作、配信などの事業
・インターネットなどを利用したネットワークシステムの企画、設計、開発、運用などの事業

代表者略歴


代表取締役社長 安藤 信充

1946年千葉県生まれ。主将として進学校の県立千葉高を県高校卓球大会団体戦で初優勝に導き、全国大会男子シングルスでもランキング入り。1970年成蹊大学法学部卒業、日本テレビ放送網(株)入社。1979年カンボジア難民を描いたドキュメンタリー『故郷は戦火のなかに』が芸術祭優秀賞、撮影で日本テレフイルム技術賞を受賞した。バンコク支局長を経て、ニューヨーク支局長時代にNBCとの報道協定交渉を完遂。『きょうの出来事』チーフ・プロデューサーとして櫻井よしこキャスターらと共に薬害エイズ報道に力を注ぎ、1996年民間放送連盟賞(放送活動部門)を受賞した。社会部長、報道局次長兼報道番組部長、(株)日テレ人材センター代表取締役社長などを歴任し、2012年言論テレビ株式会社を設立した。