櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!

133

133

国際社会をバックに一刻も早い拉致解決をめざせ!
米国緊急報告!国際社会は拉致問題解決をどう共有できたか?

 山谷えり子拉致問題担当大臣は、5月5日にニューヨークで日本政府が開催する「拉致を含む北朝鮮による人権侵害に関する国際シンポジウム」に参加するため、拉致被害者の家族の皆さんと共に日本を出発しました。シンポジウムでは山谷担当大臣が基調演説を行い、拉致問題への国際社会の関心を高め、各国の協力を強く呼びかけます。シンポジウム開催に早くも国連北朝鮮代表部は「日本は拉致問題を強調することで、過去に犯した罪から世界の目をそむけさせようとしている」などと筋違いも甚だしい非難しています。北朝鮮の代表団は先週、脱北者が参加し国連で開かれたた討論会でも、一方的に声明を読み上げ、討論が中断される混乱を起 ...»続きを読む

ゲスト:山谷 えり子(やまたに えりこ) 国家公安委員会委員長,拉致問題担当大臣

1950年東京都生まれ、聖心女子大学文学部卒。サンケイリビング新聞編集長、2000年衆議院議員に初当選、2004年に参議院議員(比例区)に当 ...»続きを読む
放送(開場)まで あと
05/08 20:45〜開場
花田編集長の右向け右

132

辺野古移設に反対する翁長県政への疑問
二大紙の伝える情報の偏りを正すには新メディアが必要だ

中山義隆/宮﨑政久

 翁長沖縄県知事は、普天間飛行場の辺野古移設は「選挙で示された圧倒的な反対で、辺野古に基地は作らせない」と語っています。翁長知事は、市議、県議、那覇市長の時代には辺野古移設を推進する中心人物でした。極端に大きく変節したのは、 ...»もっとみる

放送日:2015.05.01 64

131

司法の暴走!科学も法律も無視した福井地裁決定
専門家でない裁判官が独断で決定する司法を改善できるのか?

森嶌昭夫/奈良林直

 福島第一原発事故を教訓に原子力規制委員会が定めた「新規制基準」が妥当かどうかの司法判断が分かれました。4月14日に関西電力高浜原発3,4号機の再稼動差し止めを命じる仮処分を福井地裁が決定しました。そして4月22日には九州電力川内原 ...»もっとみる

放送日:2015.04.24 60

130

堂々と語れ! 戦後70年日本の平和の歩み
安倍演説は「日本が世界のために働く気概を見せる時だ」

田久保忠衛/萩生田光一

 安倍首相は4月29日、日本の首相として初めて米国上下両院合同会議で演説します。この演説は8月に予定されている戦後70年談話とも重なってきますから、演説内容に国際社会が注視しています。一方、力で膨張を続ける中国への警戒感は国際社会 ...»もっとみる

放送日:2015.04.17 61

129

拉致解決に与えられた時間は、後3年しか残っていない
マツタケ不正輸入捜査は資金運用役の朝鮮総連議長次男まで拡がるか?

松原仁/西岡力

 昨年5月、北朝鮮が拉致被害者を調査する特別委員会を作ると約束したストックホルム合意以後、拉致問題は全く進展していません。4月3日、一年ぶりに安倍首相と面会した拉致被害者家族は、被害者の「帰国を最優先に確実な取り組み」を要請しま ...»もっとみる

放送日:2015.04.10 61

128

ネットメディアで政治は本当に動くか?
ネット選挙が有効なのは「参院選全国比例区」と「統一地方選」

津田 大介

 津田大介さんとの対談は、ソーシャルメディアを使い情報や主張を世界に向けて発信することがいかに大切か、溢れるネット情報から正しい情報を識別する力を養うにはどうすればよいかを大いに考えさせられる貴重な時間となりました。津田さん ...»もっとみる

放送日:2015.04.03 59

127

いつの間にか活断層の「活」が消え、問題でなかった“断層”も対象になった
原子力規制委員会の安全審査基準は適正か?

奈良林 直

 関西電力など4社が、運転開始から40年前後の原発5基を廃炉にすると決めました。福島第一原発の事故を受けて、原発の運転期間を原則40年と制限し、その後に廃炉にする改正原子炉等規制法の適用によっては、日本国内の原発はゼロへの道 ...»もっとみる

放送日:2015.03.27 56

126

米国に留学に来る日本人は、なぜ自分の国の説明ができないのか?
日本と戦ったのは国民党で、逃げ回っていた共産党は戦勝国ではない

ケントギルバート

 ケント・ギルバートさんは、1971年に来日して以来、1980年代にはタレントで大活躍、知日派外国人の実力派代表です。現在は、弁護士でタレント、そして著作家としても活発な発信を行っています。歴史の真実を伝える日本が、中韓の反日プロパ ...»もっとみる

放送日:2015.03.20 58

125

駐韓米国大使襲撃事件の政治的背景を探る
「第5の権力」過激な従北市民団体が野放しの実態

洪熒

 朝鮮半島では、理解に苦しむ出来事が次々と起こります。マーク・リッパート駐韓米国大使が、ソウルで市民団体代表に刃物で襲われ、右ほほ80針の重傷を負う事件が起きました。犯人の金基宗(キム・ギジョン)は従北朝鮮で反米、反日、要注意 ...»もっとみる

放送日:2015.03.13 60


もっとみる(過去の放送一覧ページへ)
May 04,2015 17:59:52
May 08,2015 20:45:00
May 08,2015 20:45:18