櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!

過去の放送


「南シナ海を原潜で聖域とし、米国に届く戦略ミサイルを沈める」
中国膨張主義は西と北を侵略し、現在は東と南の海に進出中だ

 今年に入り、中国が多方面に軍事力を拡大しているとの情報が相次いでいます。中国が米国のミサイル網を破るため音速の10倍で飛行する極超音速ミサイル「WU14」の飛行実験を行ったと米国防当局者が明らかにしました。また、中国海警局が来年までたった1年間で1,000トン以上の監視船を今の2倍の50隻以上に増やし、世界最大級の1万トン級の監視船の建造契約も結んだと報じられました。目の前の危機、想定される危機、様々な段階で中国の軍事的脅威が具体的になってきましたが、なぜ今、中国は急速拡大するのか、これよって尖閣周辺の日米中の力のバランスが変わるのか、日本は一体何が出来ているのか、何をすべきか、日米はどう対応するのかを分析、議論するのがこの企画の狙いです。

≪動画インデックス≫
 1.中国の本当の国防費は公表している国防費の2~3倍なのか?
 2.極超音速ミサイルなどの急速軍拡の実態
 3.太平洋を米国と分割する野望のために
 4.第1~2列島線の間は接近拒否、南シナ海は領域拒否
 5.各国が費用対効果の高い潜水艦の激しい調達合戦
 6.弾道が変わるDF(東風)21-D中距離弾道ミサイルとは?
 7.空母「遼寧」の艦載機がどうして離発着可能になったか?
 8.空母は4隻持たないと常時1~2隻が作戦行動できない理由
 9.南西諸島への自衛隊駐屯と敵基地攻撃能力がセットで必要
10.沖縄にオスプレイタイプが必要な理由は?
11.日米2+2で大きな成果があった3つのメッセージとは?
12.国益を守り、中国の脅威に対抗するために集団的自衛権行使容認が必要

 Internet Explorer/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。
 Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

 ご使用の端末によって動画プレーヤーの見え方が異なります。

 プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。
  動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。


ゲスト

佐藤 正久
佐藤 正久 (さとう まさひさ) 
参議院議員
1960年福島県生まれ。1983年防衛大学校卒業、陸上自衛官として国連PKOゴラン高原派遣輸送隊初代隊長、イラク先遣隊長、復興業務支援隊初代隊長などを歴任。2007年に退官し、同年参議院議員(全国比例区)に初当選、2012年防衛大臣政務官、現在外交防衛委員会理事、自民党参議院政策審議会副会長。無意不立(国民の政治への信頼なくしては国が成り立たない)が座右の銘、風貌から「ヒゲの隊長」として親しまれている。著作に『ヒゲの隊長のリーダー論』、『守るべき人がいる』、『ありがとう自衛隊 ヒゲの隊長が綴る日本再興奮』など。

※ プロフィールは放送日2014.02.14時点の情報です



一覧へもどる