櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!

元気になるメルマガ

2016.06.25号

「初めて選挙をするあなたへ」

〈 私が18歳だったとき 〉

 みなさん、こんにちは。イギリスがEU離脱を決めました。大英帝国
に残されていた光りが弱まり、消えていく、その始まりだと感じます。
世界は本当に激変しています。そんな中で、私たちは間もなく参議院議
員選挙を迎えます。18歳から19歳の人たちも初めて参加する選挙で
す。

 私自身はどんな18歳だったか、その頃を振り返ると、世界のことも
政治のこともわかっていませんでした。けれども、若い人たちはいま、
国の在り方を決める権利と責任を与えられました。そのことに正面から
向き合ってほしい。


〈 学生たちの力 〉

 世界を見渡せば、若い世代が国の在り方を大きく変えた事例は少なく
ありません。台湾のひまわり運動や香港の雨傘革命が、すぐに脳裡に浮
かびます。18歳とは限りませんが、アメリカでもヨーロッパでも、若
い世代の考え方、主張が政治を動かしています。

 台湾のひまわり運動の学生達の原動力は、台湾人が台湾人であり続け
たいとの思いでした。馬英九前政権の政策では台湾は中国の一部にされ
てしまうと直感して立ち上がりました。

 馬前総統の政策は経済も教育もおよそすべて、台湾は中国の一部とい
うかのような前提に立っていました。日本でも報じられたように、ひま
わり運動の学生たちは2014年3月から4月にかけて実に30日も台
湾議会を占拠し、台湾の中国化に異を唱えたのでした。

 彼らの力が起爆剤になって、民進党支持が高まり、蔡英文総統が誕生
したといっても過言ではありません。若い世代の期待、台湾人の反中国
感情に支えられている蔡新総統のこれからは苦労の多いものになります
。中国が蔡総統を独立志向だと見做して、すでに強硬策を取り始めてい
るからです。外交・安全保障、そして経済政策の全てにおいて、蔡総統
は中国と闘い、張り合っていかなければなりません。同時に、中国と或
る意味、よい関係を保たなければなりません。


〈 中国の苛め 〉

 それにしても中国は台湾を苛めるツボを心得ています。経済的に追い
込むのです。まず、台湾への観光客の規制です。一党独裁体制ですから
、国民の海外旅行の規制など容易です。4月30日から5月2日までの
メーデーの連休で、台湾を訪れた中国人観光客は前年比で30%減りま
した。中国人観光客は台湾旅行業界の最重要の財源ですから、これだけ
でも十分な圧力です。

 貿易も規制し始めました。馬前政権下で2010年に結ばれたのが中
台経済協力枠組み協定、ECFA(エクファ)でした。一言でいえば台
中貿易の関税を大幅に下げると決めた協定です。たとえば、台湾の農業
産品を中国に輸出する際には、関税をゼロにするというものです。台湾
は中国領であり、台湾農業は国内産業であるから、関税など課さないと
いう考え方です。

この記事や動画をすべて閲覧・視聴いただくには、会員ログインしてください。

  


一覧へもどる