櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!

元気になるメルマガ

2017.04.03号

「花冷えの中 桜参り」



 皆さま、こんにちは。昨日、今日と花冷えが続いています。ご機嫌い
かがお過ごしですか。

 ようやく開き始めた桜の下で、3月末、赤坂氷川神社さんの夜桜祭り
がありました。氷川神社さんでは、これを「夜桜参り」と呼んでいます。

 都内一、二を争う、樹齢500年近くの、大銀杏の木が枝を広げるそ
の下に舞台をしつらえ、椅子を並べて、かがり火を焚きます。お抹茶の
席も、お酒とおつまみの席もあり、左右両党、皆さん楽しんでいました。


〈振り袖姿のお人形のような少女〉

 日が暮れて、宵闇の中に琴の音が響いてきます。いよいよ、始まりで
す。生田流琴の先生、高市雅風さんとお弟子さんの連奏です。お弟子さ
んは中学2年生のゆめさん、振り袖姿のお人形のようでした。

 曲目は花筏(いかだ)など伝統的な名曲に加えて、SMAPのあの大
ヒット曲「世界に一つだけの花」も演奏されました。これはきっと初々
しいゆめさんのためにアレンジしたのではないでしょうか。

 少女の白い顔が照明に照らされて、境内に明るく浮かび上がります。
ひとしきりお琴を楽しんだ後は、赤坂氷川混声合唱団の出番です。電気
ピアノの演奏で、「早春賦」や「花」、「仰げば尊し」など、懐かしい
歌が続きました。

 いつの間にか椅子席は満杯になり、後ろや横に、立ち見の人が詰めか
けていました。客席の方から、最初は遠慮がちに合唱が始まり、少し慣
れてきた頃、もう少しだけ、声を張り上げて皆で歌いました。

この記事や動画をすべて閲覧・視聴いただくには、会員ログインしてください。

  


一覧へもどる