過去の放送

Vol.113 一般公開

日本会議と生長の家

2016.07.15 48分

7月15日金曜夜10時、第113回のゲストは、「一水会」顧問の鈴木邦男さんです。
鈴木邦男さんは、「母親が生長の家の信者で、その宗教団体が非常に愛国的で、小さい頃から日本人の素晴らしさや天皇の話を教えられました」とあるインタビューで語っておられます。
現在、「日本会議」に関する書籍が多く出版され、新聞や週刊誌でも日本会議に関する記事が増えていますが、そこでキーワードとして出てくるのが「生長の家」です。
朝日新聞は〈(日本会議研究)憲法編:上 改憲へ、安倍政権と蜜月〉(2016年3月23日)をはじめ、日本会議に関する連載をしていますが、その理由は〈安倍政権の足元で、政権と響きあうように運動を展開する日本会議〉だからだという。
〈(日本会議研究)憲法編:下 家族尊重、条文明記を主張〉(2016年3月25日)では朝日は、次のように書いています。
〈衛藤、伊藤、日本会議事務総長の椛島有三に加え、百地、高橋の5氏。関係者の証言などによると、首相を支える5人はいずれも学生時代に生長の家で活動していた〉
これらの様々な書籍や記事に対する反論を、現日本会議会長の田久保忠衛氏が「Hanada」8月号に寄稿しています。
いったい「生長の家」とは何なのか。日本会議とはどのような関係があるのか。
また、日本会議と安倍政権はどのような関係なのか。
鈴木邦男さんにお伺いします。

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

鈴木邦男

鈴木邦男
一水会顧問

1943年、福島県郡山市生まれ。早稲田大学時代から右翼・民族派運動に関わる。産経新聞社勤務を経て、1972年「一水会」を結成。1999年12月に一水会代表を辞し、顧問に。著書に、『愛国者は信用できるか』(講談社現代新書)、『公安警察の手口』『右翼は言論の敵か』(共にちくま新書)、『慨世の遠吠え』(内田樹氏との共著、鹿砦社)、『〈愛国心〉に気をつけろ! 』(岩波ブックレット)など多数。

※ プロフィールは放送日2016.07.15時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。