• LIVE予告
  • 5/29(金) 21:00〜

米中コロナ情報戦の内幕

黒井文太郎

黒井文太郎
軍事ジャーナリスト

5月29日金曜夜10時、第315回のゲストは、軍事ジャーナリストの黒井文太郎さんです。
アメリカのトランプ大統領はFOXビジネス・ネットワークのインタビューで、次のように答えたと報道されています。
「中国には非常に失望した。中国は(新型コロナの流行を)なすがままに任せるべきではなかった」「われわれには多くの措置を講じることが可能だ。(中国との)関係を完全に断ち切ることもできる」「ウイルスの発生源が研究所だろうがコウモリだろうが、中国であることに間違いはない。中国はそれを阻止すべきだったし、できたはずだ」(5月14日ロイター)
この間、新型コロナウイルスは人工説をはじめとして、その発生源について様々な論評がなされています。
また中国は、外務省の報道官が「アメリカ軍が武漢に持ち込んだかもしれない」とツイートするなどし、すでにウイルスを抑え込んだなどの宣伝も行っています。
この間に行われている米中の情報戦、世界の動きを黒井さんに読み解いていただきます。

【ゲスト】
黒井文太郎 軍事ジャーナリスト
1963年、福島県いわき市生まれ。横浜市立大学卒業後、講談社入社。週刊誌編集者を経て退職。フォトジャーナリスト(紛争地域専門)、『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て軍事ジャーナリスト。ニューヨーク、モスクワ、カイロを拠点に海外取材多数。得意分野はインテリジェンス、テロ、国際紛争、日本の安全保障、北朝鮮情勢、中東情勢、サイバー戦、旧軍特務機関など。著書多数。

続きを読む
黒井文太郎

黒井文太郎
軍事ジャーナリスト

5月29日金曜夜10時、第315回のゲストは、軍事ジャーナリストの黒井文太郎さんです。
アメリカのトランプ大統領はFOXビジネス・ネットワークのインタビューで、次のように答えたと報道されています。
「中国には非常に失望した。中国は(新型コロナの流行を)なすがままに任せるべきではなかった」「われわれには多くの措置を講じることが可能だ。(中国との)関係を完全に断ち切ることもできる」「ウイルスの発生源が研究所だろうがコウモリだろうが、中国であることに間違いはない。中国はそれを阻止すべきだったし、できたはずだ」(5月14日ロイター)
この間、新型コロナウイルスは人工説をはじめとして、その発生源について様々な論評がなされています。
また中国は、外務省の報道官が「アメリカ軍が武漢に持ち込んだかもしれない」とツイートするなどし、すでにウイルスを抑え込んだなどの宣伝も行っています。
この間に行われている米中の情報戦、世界の動きを黒井さんに読み解いていただきます。

【ゲスト】
黒井文太郎 軍事ジャーナリスト
1963年、福島県いわき市生まれ。横浜市立大学卒業後、講談社入社。週刊誌編集者を経て退職。フォトジャーナリスト(紛争地域専門)、『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て軍事ジャーナリスト。ニューヨーク、モスクワ、カイロを拠点に海外取材多数。得意分野はインテリジェンス、テロ、国際紛争、日本の安全保障、北朝鮮情勢、中東情勢、サイバー戦、旧軍特務機関など。著書多数。

続きを読む

次回放送(開場時間)

5/29 (金) 20:45〜

生放送入口
May 29,2020 03:04:48
May 29,2020 20:45:00
May 29,2020 20:45:13
【インターネット生放送】君の一歩が朝(あした)を変える! 毎週金曜 夜9時〜
Instagramはじめました フォローはこちらから

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。