• LIVE予告
  • 6/25(金) 21:00〜

小池都知事はやっぱり不信任だ

上田令子

上田令子
東京都議会議員

令和3年6月25日金曜夜10時、第371回のゲストは東京都議会議員の上田令子さんです。
東京都議会議員選挙が7月4日に行われます。
6月7日の東京都議会で小池百合子東京都知事への不信任案が提出され、否決されました。しかし、ただ一人、小池都知事への不信任決議案に賛成したのが上田令子さんです。
「私以外の都議は全員、小池都政にイエスということです」とする上田さん(東スポウェブ、2021年6月8日)。
不信任案の提出理由は、小池氏が「議会において答弁拒否に等しい不誠実な答弁を再三、行い、都民・都議会への説明責任を放棄した」というもの。
新型コロナウイルス感染症対策で「都民の生命・健康・自由を害する独断無策を繰り返し、都の財政基盤を毀損し、都政を混乱させ、都民の信託と期待を裏切った」と厳しく指摘しています。
小池都政に「たった一人のノー」を突きつけた上田さんに、都政、都議会選について伺います。

【ゲスト】
上田令子 東京都議会議員
1965年5月21日東京都台東区上野生まれ。結婚を機に江戸川区船堀在住。台東区立黒門小、文京区立第六中、都立三田高、白百合女子大卒。外資系生保等を経て起業も。長男妊娠出産で退職を迫られたこと、江戸川区での保育園探しに苦労したことから、働くマザーズと女子のために東奔西走。99年4月「江戸川ワークマム」 設立。07〜12年江戸川区議。13年東京都議選初当選。

続きを読む
上田令子

上田令子
東京都議会議員

令和3年6月25日金曜夜10時、第371回のゲストは東京都議会議員の上田令子さんです。
東京都議会議員選挙が7月4日に行われます。
6月7日の東京都議会で小池百合子東京都知事への不信任案が提出され、否決されました。しかし、ただ一人、小池都知事への不信任決議案に賛成したのが上田令子さんです。
「私以外の都議は全員、小池都政にイエスということです」とする上田さん(東スポウェブ、2021年6月8日)。
不信任案の提出理由は、小池氏が「議会において答弁拒否に等しい不誠実な答弁を再三、行い、都民・都議会への説明責任を放棄した」というもの。
新型コロナウイルス感染症対策で「都民の生命・健康・自由を害する独断無策を繰り返し、都の財政基盤を毀損し、都政を混乱させ、都民の信託と期待を裏切った」と厳しく指摘しています。
小池都政に「たった一人のノー」を突きつけた上田さんに、都政、都議会選について伺います。

【ゲスト】
上田令子 東京都議会議員
1965年5月21日東京都台東区上野生まれ。結婚を機に江戸川区船堀在住。台東区立黒門小、文京区立第六中、都立三田高、白百合女子大卒。外資系生保等を経て起業も。長男妊娠出産で退職を迫られたこと、江戸川区での保育園探しに苦労したことから、働くマザーズと女子のために東奔西走。99年4月「江戸川ワークマム」 設立。07〜12年江戸川区議。13年東京都議選初当選。

続きを読む

次回放送(開場時間)

6/25 (金) 20:45〜

生放送入口
June 22,2021 16:41:41
June 25,2021 20:45:00
June 25,2021 20:45:02
【インターネット生放送】君の一歩が朝(あした)を変える! 毎週金曜 夜9時〜
Instagramはじめました フォローはこちらから

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 言語道断

    言語道断

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。