• LIVE予告
  • 4/20(金) 21:00〜

安倍首相3選、どうなる?

大下 英治

大下 英治
作家

4月20日金曜夜10時、第205回のゲストは、作家の大下英治さんです。
アメリカのトランプ大統領は日本時間4月14日午前、ホワイトハウスで演説し、シリア・アサド政権による化学兵器使用への報復として、化学兵器関連施設への爆撃を実施したと発表しました。フランス、英国と共同で攻撃は行われたとのことです。
そのような中、17、18日には安倍晋三首相が米フロリダ州でトランプ大統領と会談します。
北朝鮮の核問題、拉致問題については、どのようなことが話し合われるのでしょうか。
一方、日本国内では、連日、森友学園、加計学園、自衛隊の日報と文書問題が国会で問題にされています。
政治家、官僚を長年取材されてきた大下さんに、一連の国内問題について、また安倍首相の自民党総裁3選

について、様々な視点から伺います。
(予告は2018年4月14日時点のものです)

【ゲスト】
大下 英治 作家
1944年広島県に生まれ。一歳のとき被爆し、父を失う。苦学の末、広島大学文学部仏文科を卒業。大宅壮一マスコミ塾第七期生。1970年、『週刊文春』特派記者いわゆる“トップ屋”として活躍、圧倒的な取材力から数々のスクープ記事を書いた。1983年、『週刊文春』を離れ、作家として独立し、政治、経済、芸能、闇社会まで幅広いジャンルにわたり旺盛な執筆活動を続ける。著書は『凄腕官房長官あり」『闇の支配者』『官僚』『公明党の深層』『逆襲弁護士 河合弘之』『日本最大の総会屋「論談」を支配した男』『日本共産党の深層』『力道山の真実』『脱原発』など多数。

続きを読む
大下 英治

大下 英治
作家

4月20日金曜夜10時、第205回のゲストは、作家の大下英治さんです。
アメリカのトランプ大統領は日本時間4月14日午前、ホワイトハウスで演説し、シリア・アサド政権による化学兵器使用への報復として、化学兵器関連施設への爆撃を実施したと発表しました。フランス、英国と共同で攻撃は行われたとのことです。
そのような中、17、18日には安倍晋三首相が米フロリダ州でトランプ大統領と会談します。
北朝鮮の核問題、拉致問題については、どのようなことが話し合われるのでしょうか。
一方、日本国内では、連日、森友学園、加計学園、自衛隊の日報と文書問題が国会で問題にされています。
政治家、官僚を長年取材されてきた大下さんに、一連の国内問題について、また安倍首相の自民党総裁3選 について、様々な視点から伺います。
(予告は2018年4月14日時点のものです)

【ゲスト】
大下 英治 作家
1944年広島県に生まれ。一歳のとき被爆し、父を失う。苦学の末、広島大学文学部仏文科を卒業。大宅壮一マスコミ塾第七期生。1970年、『週刊文春』特派記者いわゆる“トップ屋”として活躍、圧倒的な取材力から数々のスクープ記事を書いた。1983年、『週刊文春』を離れ、作家として独立し、政治、経済、芸能、闇社会まで幅広いジャンルにわたり旺盛な執筆活動を続ける。著書は『凄腕官房長官あり」『闇の支配者』『官僚』『公明党の深層』『逆襲弁護士 河合弘之』『日本最大の総会屋「論談」を支配した男』『日本共産党の深層』『力道山の真実』『脱原発』など多数。

続きを読む

次回放送(開場時間)

4/20 (金) 20:45〜

生放送入口
April 19,2018 20:54:12
April 20,2018 20:45:00
April 20,2018 20:45:38
【インターネット生放送】君の一歩が朝(あした)を変える! 毎週金曜 夜9時〜

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

会員
特典

  • 過去動画をいつでも視聴
  • 書き下ろしのメールマガジン
詳しくはこちら
  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。

  • 頼るな、備えよ 論戦2017

    頼るな、備えよ 論戦2017

    8月3日発売!

    1,620円(税込)

    【勁き日本へ!】もはや米国はアテにならない――。日本が「真の独立国」になるうえで不可欠な「憲法改正」を、必死で邪魔する勢力の〝正体〟とは?テレビ・新聞に蔓延る俗論を斬る!