• LIVE予告
  • 7/26(金) 22:00〜

防衛省大量処分、ここがおかしい

小笠原理恵

小笠原理恵
自衛官守る会代表・ジャーナリスト

令和6年7月26日金曜夜10時、第532回のゲストはジャーナリストの小笠原理恵さんです。
防衛省・自衛隊での不祥事を受けて、防衛省は12日、218人(延べ220人)を処分しました。うち懲戒処分は海自トップの海上幕僚長ら計117人。事務次官や制服組トップの統合幕僚長ら最高幹部5人を内部規定に基づく訓戒としたということです。
防衛省によれば、違反や不正が確認されたのは、国の安全保障にかかわる「特定秘密」の情報の取り扱いと、潜水手当の受給、部隊で無料で提供される食事の飲食、パワーハラスメントの4件だということです。
自民党と立憲民主党のあいだでは、衆議院で閉会中審査を行うことが調整されています。
たとえば、「無料支給の食事を不正に飲食」についてNHKはこう報道しています。
〈自衛隊では、基地の中に住むことを命じられている隊員については、食堂での1日3回の食事が無料で支給されています。
今回、処分を受けた隊員22人は、いずれも基地の外に住んでいるため、無料で支給される対象ではありませんでしたが、代金を支払わずに不正に食事をしていたということです。
食事は3食のうち最も高い昼食が417円で、不正に食事をしてい

た金額は調査を行った去年3月までの3年間で、合わせておよそ160万円に上るということです。
22人のうち幹部は5人で、防衛省は40代と50代の3等海佐を1階級の降格に、40代の1等海尉2人と3等海尉1人を、12か月から20日の停職としました。
今回の不正は、おととし2月に内部からの通報があったことをきっかけに調査を行い、発覚したということです。
一部の隊員は食堂での調理を担当していて、調査に対し「自分が調理した食事は味見として無料で食べることができると勘違いしていた」という趣旨の話をしているということです〉(NHK、2024年7月12日)
なぜこのようなことが起こったのか。
現場の隊員を取材している小笠原さんに伺います。

【ゲスト】
小笠原理恵 自衛官守る会代表・ジャーナリスト
1964年、香川県生まれ。関西外国語大学卒。広告代理店勤務を経て、フリーライターとして活動。自衛隊の待遇問題を考える「自衛官守る会」代表。現在、日刊SPA!で「自衛隊ができない100のこと」を連載中。著書に『自衛隊員は基地のトイレットペーパーを「自腹」で買う』(扶桑社新書)。月刊Hanada プラス連載中。第15回「真の近現代史観」懸賞論文最優秀藤誠志賞を受賞。

続きを読む
小笠原理恵

小笠原理恵
自衛官守る会代表・ジャーナリスト

令和6年7月26日金曜夜10時、第532回のゲストはジャーナリストの小笠原理恵さんです。
防衛省・自衛隊での不祥事を受けて、防衛省は12日、218人(延べ220人)を処分しました。うち懲戒処分は海自トップの海上幕僚長ら計117人。事務次官や制服組トップの統合幕僚長ら最高幹部5人を内部規定に基づく訓戒としたということです。
防衛省によれば、違反や不正が確認されたのは、国の安全保障にかかわる「特定秘密」の情報の取り扱いと、潜水手当の受給、部隊で無料で提供される食事の飲食、パワーハラスメントの4件だということです。
自民党と立憲民主党のあいだでは、衆議院で閉会中審査を行うことが調整されています。
たとえば、「無料支給の食事を不正に飲食」についてNHKはこう報道しています。
〈自衛隊では、基地の中に住むことを命じられている隊員については、食堂での1日3回の食事が無料で支給されています。
今回、処分を受けた隊員22人は、いずれも基地の外に住んでいるため、無料で支給される対象ではありませんでしたが、代金を支払わずに不正に食事をしていたということです。
食事は3食のうち最も高い昼食が417円で、不正に食事をしてい た金額は調査を行った去年3月までの3年間で、合わせておよそ160万円に上るということです。
22人のうち幹部は5人で、防衛省は40代と50代の3等海佐を1階級の降格に、40代の1等海尉2人と3等海尉1人を、12か月から20日の停職としました。
今回の不正は、おととし2月に内部からの通報があったことをきっかけに調査を行い、発覚したということです。
一部の隊員は食堂での調理を担当していて、調査に対し「自分が調理した食事は味見として無料で食べることができると勘違いしていた」という趣旨の話をしているということです〉(NHK、2024年7月12日)
なぜこのようなことが起こったのか。
現場の隊員を取材している小笠原さんに伺います。

【ゲスト】
小笠原理恵 自衛官守る会代表・ジャーナリスト
1964年、香川県生まれ。関西外国語大学卒。広告代理店勤務を経て、フリーライターとして活動。自衛隊の待遇問題を考える「自衛官守る会」代表。現在、日刊SPA!で「自衛隊ができない100のこと」を連載中。著書に『自衛隊員は基地のトイレットペーパーを「自腹」で買う』(扶桑社新書)。月刊Hanada プラス連載中。第15回「真の近現代史観」懸賞論文最優秀藤誠志賞を受賞。

続きを読む

次回放送(開場時間)

7/26 (金) 20:45〜

生放送入口
July 22,2024 19:47:01
July 26,2024 20:45:00
July 26,2024 20:45:45
【インターネット生放送】君の一歩が朝(あした)を変える! 毎週金曜 夜9時〜
Instagramはじめました フォローはこちらから

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 異形の敵 中国

    異形の敵 中国

    2023年8月18日発売!

    1,870円(税込)

    ロシアを従え、グローバルサウスを懐柔し、アメリカの向こうを張って、日本への攻勢を強める独裁国家。狙いを定めたターゲットはありとあらゆる手段で籠絡、法の不備を突いて深く静かに侵略を進め、露見したら黒を白と言い張る謀略の実態と大きく揺らぐ中国共産党の足元を確かな取材で看破し、「不都合な真実」を剔抉する。

  • 安倍晋三が生きた日本史

    安倍晋三が生きた日本史

    2023年6月30日発売!

    990円(税込)

    「日本を取り戻す」と叫んだ人。古事記の神々や英雄、その想いを継いだ吉田松陰、橋本左内、横井小楠、井上毅、伊藤博文、山縣有朋をはじめとする無数の人々。日本史を背負い、日本を守ったリーダーたちと安倍総理の魂と意思を、渾身の筆で読み解く。

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!