• LIVE予告
  • 2/23(金) 21:00〜

朝日の提訴に大反撃

山際澄夫

山際澄夫
ジャーナリスト

2月23日金曜夜10時、第197回のゲストは、ジャーナリストの山際澄夫さんです。
山際さんには『すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」』『これでも朝日新聞を読みますか?』の著書があります。
朝日新聞は安倍晋三総理の平昌五輪開会式出席にあたり、次のように社説で書きました。
〈日韓首脳は肩を並べて祭典を祝し、ともに平和への決意を示さなければならない〉(2018年1月25日、朝日新聞社説「首相訪韓へ 平和を築く決意の場に」)
これに対して山際さんは、「日韓合意を、日本が責任を認めたと拍手し、文大統領の問題蒸し返しも、前向きな対応を求めたのが朝日。「従軍慰安婦問題」を捏造した朝日にほめられての韓国訪問、それでも訪問を評価しますか」とツイートしました。
また、朝

日に対する慰安婦問題訴訟の判決を受けて、次のようにツイートしました。
〈朝日新聞は、慰安婦報道訴訟で〈弊社主張が全面的に認められた〉と言うが、判決は「慰安婦問題捏造」に関する朝日の責任を全否定したものではない。朝日が放火し、歴代我が政府が繰り返し反省とお詫びを表明し、日本人の名誉が毀損されたというのが問題の本質である〉
そんな朝日新聞が、小川榮太郞さんと飛鳥新社を提訴しました。
朝日新聞と朝日の提訴について山際さんに詳しくお伺いします。

【ゲスト】
山際澄夫 ジャーナリスト
1950年、山口県下関市生まれ。産経新聞政治部で首相官邸キャップ、外務省キャップなどを歴任。その後、ニューヨーク支局長、外信部次長などを経て退社、現在に至る。著書に『すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」』『これでも朝日新聞を読みますか?』(ともにワック)など。

続きを読む
山際澄夫

山際澄夫
ジャーナリスト

2月23日金曜夜10時、第197回のゲストは、ジャーナリストの山際澄夫さんです。
山際さんには『すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」』『これでも朝日新聞を読みますか?』の著書があります。
朝日新聞は安倍晋三総理の平昌五輪開会式出席にあたり、次のように社説で書きました。
〈日韓首脳は肩を並べて祭典を祝し、ともに平和への決意を示さなければならない〉(2018年1月25日、朝日新聞社説「首相訪韓へ 平和を築く決意の場に」)
これに対して山際さんは、「日韓合意を、日本が責任を認めたと拍手し、文大統領の問題蒸し返しも、前向きな対応を求めたのが朝日。「従軍慰安婦問題」を捏造した朝日にほめられての韓国訪問、それでも訪問を評価しますか」とツイートしました。
また、朝 日に対する慰安婦問題訴訟の判決を受けて、次のようにツイートしました。
〈朝日新聞は、慰安婦報道訴訟で〈弊社主張が全面的に認められた〉と言うが、判決は「慰安婦問題捏造」に関する朝日の責任を全否定したものではない。朝日が放火し、歴代我が政府が繰り返し反省とお詫びを表明し、日本人の名誉が毀損されたというのが問題の本質である〉
そんな朝日新聞が、小川榮太郞さんと飛鳥新社を提訴しました。
朝日新聞と朝日の提訴について山際さんに詳しくお伺いします。

【ゲスト】
山際澄夫 ジャーナリスト
1950年、山口県下関市生まれ。産経新聞政治部で首相官邸キャップ、外務省キャップなどを歴任。その後、ニューヨーク支局長、外信部次長などを経て退社、現在に至る。著書に『すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」』『これでも朝日新聞を読みますか?』(ともにワック)など。

続きを読む

次回放送(開場時間)

2/23 (金) 20:45〜

生放送入口
February 22,2018 23:52:22
February 23,2018 20:45:00
February 23,2018 20:45:02
【インターネット生放送】君の一歩が朝(あした)を変える! 毎週金曜 夜9時〜

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

会員
特典

  • 過去動画をいつでも視聴
  • 書き下ろしのメールマガジン
詳しくはこちら
  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。

  • 頼るな、備えよ 論戦2017

    頼るな、備えよ 論戦2017

    8月3日発売!

    1,620円(税込)

    【勁き日本へ!】もはや米国はアテにならない――。日本が「真の独立国」になるうえで不可欠な「憲法改正」を、必死で邪魔する勢力の〝正体〟とは?テレビ・新聞に蔓延る俗論を斬る!

  • 一刀両断

    一刀両断

    5月18日発売!

    1,620円(税込)

    この国を貶め、惑わすあらゆる元凶を真正面から糾す!「いま再び私たちは、雄々しく変わるときなのだ。急げ、急げ、さらに急げ。」日本が対峙する喫緊の難題に、強き国として突き進む道を明快に指し示す!