• LIVE予告
  • 12/10(金) 22:00〜

岸田政権の対中外交

阿比留瑠比

阿比留瑠比
産経新聞論説委員兼政治部編集委員

令和3年12月10日金曜夜10時、第395回のゲストは産経新聞論説委員兼政治部編集委員の阿比留瑠比さんです。
北京冬季五輪開幕まで二カ月。
香港やチベット、ウイグルなどで人権弾圧を繰り返す中国政府に対して欧米諸国などは「外交的ボイコット」を検討しています。
また、中国の女子テニスプレイヤー、彭帥(ほう・すい)さんが元副首相に性的関係を強要されたと告白した問題で、女子テニス協会(WTA)のサイモン最高経営責任者(CEO)は香港を含む中国での大会をすべて中止すると発表しました。
ウォールストリート・ジャーナルによるとWTAは2022年に中国で9大会を予定しており、大会を中止すれば多額の収入を失うことになるということです。
北京冬季五輪について岸田文雄総理は「日本は日本の立場で物事を考えていきたい」と述べました。また、林芳正外相は11月21日にBS朝日「激論!クロスファイア」で、中国の王毅外相と18日に電話協議した際、訪中の要請を受けたと明らかにし、「招請は受けたので調整はしていく」と発言しています。
一方、安倍晋三元総理は12月1日、台湾のシンクタンクの招きでオンライン講講し、「台湾有事は日本有事だ。すなわち日米同

盟の有事でもある」と述べました。これに対して中国外務省の報道官は「中国人民の譲れない一線に挑む者は誰であれ、必ず頭をぶつけ血を流すだろう」と罵り、華春瑩外務次官補は1日夜に垂秀夫駐中国日本大使を呼び出しました。垂氏は「日本にこうした見解があることを中国は理解する必要がある。中国側の一方的主張は受け入れられない」と反論しています。
岸田政権の対中外交は、いったいどこに向かっているのか、阿比留さんに伺います。

【ゲスト】
阿比留瑠比 産経新聞論説委員兼政治部編集委員
1966年、福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。90年、産経新聞社入社。仙台総局、文化部、社会部を経て、98年から政治部。首相官邸、自由党、防衛庁、自民党、外務省などを担当し、首相官邸キャップ、外務省兼遊軍担当などを歴任。2013年、政治部編集委員。15年、論説委員兼政治部編集委員。 著書に『だから安倍晋三政権は強い』『偏向ざんまい GHQの魔法が解けない人たち』『破壊外交 民主党政権の3年間で日本は何を失ったか』『決定版 民主党と日教組』(いずれも産経新聞出版)、『総理の誕生』(文藝春秋)、『政権交代の悪夢』(新潮新書)など。

続きを読む
阿比留瑠比

阿比留瑠比
産経新聞論説委員兼政治部編集委員

令和3年12月10日金曜夜10時、第395回のゲストは産経新聞論説委員兼政治部編集委員の阿比留瑠比さんです。
北京冬季五輪開幕まで二カ月。
香港やチベット、ウイグルなどで人権弾圧を繰り返す中国政府に対して欧米諸国などは「外交的ボイコット」を検討しています。
また、中国の女子テニスプレイヤー、彭帥(ほう・すい)さんが元副首相に性的関係を強要されたと告白した問題で、女子テニス協会(WTA)のサイモン最高経営責任者(CEO)は香港を含む中国での大会をすべて中止すると発表しました。
ウォールストリート・ジャーナルによるとWTAは2022年に中国で9大会を予定しており、大会を中止すれば多額の収入を失うことになるということです。
北京冬季五輪について岸田文雄総理は「日本は日本の立場で物事を考えていきたい」と述べました。また、林芳正外相は11月21日にBS朝日「激論!クロスファイア」で、中国の王毅外相と18日に電話協議した際、訪中の要請を受けたと明らかにし、「招請は受けたので調整はしていく」と発言しています。
一方、安倍晋三元総理は12月1日、台湾のシンクタンクの招きでオンライン講講し、「台湾有事は日本有事だ。すなわち日米同 盟の有事でもある」と述べました。これに対して中国外務省の報道官は「中国人民の譲れない一線に挑む者は誰であれ、必ず頭をぶつけ血を流すだろう」と罵り、華春瑩外務次官補は1日夜に垂秀夫駐中国日本大使を呼び出しました。垂氏は「日本にこうした見解があることを中国は理解する必要がある。中国側の一方的主張は受け入れられない」と反論しています。
岸田政権の対中外交は、いったいどこに向かっているのか、阿比留さんに伺います。

【ゲスト】
阿比留瑠比 産経新聞論説委員兼政治部編集委員
1966年、福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。90年、産経新聞社入社。仙台総局、文化部、社会部を経て、98年から政治部。首相官邸、自由党、防衛庁、自民党、外務省などを担当し、首相官邸キャップ、外務省兼遊軍担当などを歴任。2013年、政治部編集委員。15年、論説委員兼政治部編集委員。 著書に『だから安倍晋三政権は強い』『偏向ざんまい GHQの魔法が解けない人たち』『破壊外交 民主党政権の3年間で日本は何を失ったか』『決定版 民主党と日教組』(いずれも産経新聞出版)、『総理の誕生』(文藝春秋)、『政権交代の悪夢』(新潮新書)など。

続きを読む

次回放送(開場時間)

12/10 (金) 20:45〜

生放送入口
December 07,2021 11:43:19
December 10,2021 20:45:00
December 10,2021 20:45:20
【インターネット生放送】君の一歩が朝(あした)を変える! 毎週金曜 夜9時〜
Instagramはじめました フォローはこちらから

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。