• LIVE予告
  • 4/16(金) 21:00〜

文在寅大統領、崖っぷち

山本光一

山本光一
ジャーナリスト

令和3年4月16日金曜夜10時、第361回のゲストはジャーナリストの山本光一さんです。
韓国のソウルと釜山で4月7日に行われた市長選で、保守系最大野党「国民の力」の候補が革新系与党「共に民主党」の候補に大勝しました。
これらの市長選は、来年3月に行われる韓国大統領選の前哨戦と位置づけられています。
与党が大敗した理由の一つに、今年に入って持ち上がった土地購入疑惑があります。
文政権発足後、ソウルの住宅価格は上昇、地価は高騰し、庶民がマンションを持てない状況にありました。そのような中で、韓国土地住宅公社の職員らが新都市計画の未発表情報を悪用し、事前に土地を購入し暴利を得ていたという疑惑が浮上。
土地購入問題は文在寅大統領を直撃しました。文大統領が退任後の私邸用に購入した土地についても疑惑が持ち上がり、文政権の支持率は過去最低を記録しました。
そもそも今回の市長選は、セクハラ問題が発覚した与党系市長の自殺や辞任に伴う補欠選挙です。
韓国の腐敗、不正の現状と歴史についてまず伺います。
また、支持率が低迷する文大統領は今後、どのような対米、対中、対北、そして対日政策をとるのか、お伺いします。

【ゲスト】
山本光一 ジャーナリスト
1958年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1989年から96年までソウルで暮らし、延世大学延世語学院などで日本語を教えながら、韓国の言葉、文化、社会事情を学ぶ。帰国後、韓国語の翻訳者として、主に各テレビ局の韓国・北朝鮮報道で、翻訳や取材、リサーチに携わる。

続きを読む
山本光一

山本光一
ジャーナリスト

令和3年4月16日金曜夜10時、第361回のゲストはジャーナリストの山本光一さんです。
韓国のソウルと釜山で4月7日に行われた市長選で、保守系最大野党「国民の力」の候補が革新系与党「共に民主党」の候補に大勝しました。
これらの市長選は、来年3月に行われる韓国大統領選の前哨戦と位置づけられています。
与党が大敗した理由の一つに、今年に入って持ち上がった土地購入疑惑があります。
文政権発足後、ソウルの住宅価格は上昇、地価は高騰し、庶民がマンションを持てない状況にありました。そのような中で、韓国土地住宅公社の職員らが新都市計画の未発表情報を悪用し、事前に土地を購入し暴利を得ていたという疑惑が浮上。
土地購入問題は文在寅大統領を直撃しました。文大統領が退任後の私邸用に購入した土地についても疑惑が持ち上がり、文政権の支持率は過去最低を記録しました。
そもそも今回の市長選は、セクハラ問題が発覚した与党系市長の自殺や辞任に伴う補欠選挙です。
韓国の腐敗、不正の現状と歴史についてまず伺います。
また、支持率が低迷する文大統領は今後、どのような対米、対中、対北、そして対日政策をとるのか、お伺いします。

【ゲスト】
山本光一 ジャーナリスト
1958年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1989年から96年までソウルで暮らし、延世大学延世語学院などで日本語を教えながら、韓国の言葉、文化、社会事情を学ぶ。帰国後、韓国語の翻訳者として、主に各テレビ局の韓国・北朝鮮報道で、翻訳や取材、リサーチに携わる。

続きを読む

次回放送(開場時間)

4/16 (金) 20:45〜

生放送入口
April 11,2021 19:21:06
April 16,2021 20:45:00
April 16,2021 20:45:45
【インターネット生放送】君の一歩が朝(あした)を変える! 毎週金曜 夜9時〜
Instagramはじめました フォローはこちらから

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。