• LIVE予告
  • 2/23(金) 21:00〜

ソウル緊急報告!金正恩が怯える小型核爆弾

日米は北朝鮮になびく文在寅を引き戻せるか

西岡 力

西岡 力
麗澤大学客員教授

 北朝鮮の金正恩委員長は平昌オリンピックを舞台に思いもよらぬ平和攻勢を繰り広げました。極めて厳しい北朝鮮への経済制裁も金正恩一族には届いていないようです。平昌オリンピック・パラリンピック開催中には軍事行動はなさそうですが、平昌後には軍事行動もあり得るという厳しい見方も出ています。
 アメリカが軍事行動に踏み切る絶対条件は、ソウルや東京に犠牲者を出さないことです。死者約30万人という予測もある中で、アメリカは犠牲者が出れば同盟国が距離を置き始めると見ています。
 昨年11月に、DIA(米国防情報局)の行ったシミュレーションでは、北朝鮮が38度線に配備している日本を狙った200基のミサイルと数十発の核爆弾、韓国を狙う通常ミサイルを一挙に潰すことは軍事的に不可能だという結論

に達したようです。では、北朝鮮を一挙に叩き潰す方法はあるのでしょうか。結論は「小型の核兵器」です。金正恩はアメリカの「小型核爆弾」に怯えているそうです。アメリカは平昌後に軍事行動を展開しようとしているのでしょうか。
 トランプ政権は2月2日、核戦略見直し(NPR)を発表し、爆発力を抑えた小型核兵器の開発を打ち出したばかりです。
2月23日金曜夜9時『櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!』第279回は、麗澤大学客員教授で「救う会」会長を詰める西岡力さんです。ソウルから帰国したばかりの西岡さんにデイープな情報の緊急報告をしていただきます。
 櫻井キャスターは、以下の論点を準備し対談をリードいたします。
(1) 平昌オリンピックが終わった後の朝鮮半島情勢についての非常に厳しい見方が
出ている。アメリカの軍事行動もあり得るという見方だ。これについてどう思うか。
(2)金正恩は思いがけない平和攻勢に出て来た。文在寅がそれに反応して事実上、北朝鮮に屈服した。韓国はこれからどうなるか。
(3)日米韓の連携を日米は維持し続けることができるか。北朝鮮になびこうとする文在寅を日米はこちら側に引きつけ続けることができるか。金正恩がアメリカの軍事力を極度に恐れ、その結果、必死で文在寅を取り込もうとしている時に、日米が文在寅を引き止める具体的策はなにか。
(4)危機の時、本当に日本は何をすべきか。

【ゲスト】
西岡 力 麗澤大学客員教授
1956年東京都生まれ。1979年国際基督教大学卒、筑波大学大学院修士課程修了、韓国・延世大学校に留学。2000年 東京基督教大学教授、2016年 麗澤大学客員教授。現代コリア研究所の発行誌『現代コリア』の編集長。1998年「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)」の設立に関与し、現在「救う会」の会長を務める。国家基本問題研究所に評議員・企画委員。著書に『北朝鮮に取り込まれる韓国』(PHP研究所)、 『日韓「歴史問題」の真実』(PHP研究所)、 『韓国分裂―親北左派vs韓米日同盟派の戦い』(扶桑社)、 『北朝鮮の「核」「拉致」は解決できる』(PHP研究所)、『南・北朝鮮、同時崩壊か?』(東京財団)、『よくわかる慰安婦問題』(草思社)『金賢姫からの手紙』(草思社) など多数。

続きを読む
西岡 力

西岡 力
麗澤大学客員教授

 北朝鮮の金正恩委員長は平昌オリンピックを舞台に思いもよらぬ平和攻勢を繰り広げました。極めて厳しい北朝鮮への経済制裁も金正恩一族には届いていないようです。平昌オリンピック・パラリンピック開催中には軍事行動はなさそうですが、平昌後には軍事行動もあり得るという厳しい見方も出ています。
 アメリカが軍事行動に踏み切る絶対条件は、ソウルや東京に犠牲者を出さないことです。死者約30万人という予測もある中で、アメリカは犠牲者が出れば同盟国が距離を置き始めると見ています。
 昨年11月に、DIA(米国防情報局)の行ったシミュレーションでは、北朝鮮が38度線に配備している日本を狙った200基のミサイルと数十発の核爆弾、韓国を狙う通常ミサイルを一挙に潰すことは軍事的に不可能だという結論 に達したようです。では、北朝鮮を一挙に叩き潰す方法はあるのでしょうか。結論は「小型の核兵器」です。金正恩はアメリカの「小型核爆弾」に怯えているそうです。アメリカは平昌後に軍事行動を展開しようとしているのでしょうか。
 トランプ政権は2月2日、核戦略見直し(NPR)を発表し、爆発力を抑えた小型核兵器の開発を打ち出したばかりです。
2月23日金曜夜9時『櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!』第279回は、麗澤大学客員教授で「救う会」会長を詰める西岡力さんです。ソウルから帰国したばかりの西岡さんにデイープな情報の緊急報告をしていただきます。
 櫻井キャスターは、以下の論点を準備し対談をリードいたします。
(1) 平昌オリンピックが終わった後の朝鮮半島情勢についての非常に厳しい見方が
出ている。アメリカの軍事行動もあり得るという見方だ。これについてどう思うか。
(2)金正恩は思いがけない平和攻勢に出て来た。文在寅がそれに反応して事実上、北朝鮮に屈服した。韓国はこれからどうなるか。
(3)日米韓の連携を日米は維持し続けることができるか。北朝鮮になびこうとする文在寅を日米はこちら側に引きつけ続けることができるか。金正恩がアメリカの軍事力を極度に恐れ、その結果、必死で文在寅を取り込もうとしている時に、日米が文在寅を引き止める具体的策はなにか。
(4)危機の時、本当に日本は何をすべきか。

【ゲスト】
西岡 力 麗澤大学客員教授
1956年東京都生まれ。1979年国際基督教大学卒、筑波大学大学院修士課程修了、韓国・延世大学校に留学。2000年 東京基督教大学教授、2016年 麗澤大学客員教授。現代コリア研究所の発行誌『現代コリア』の編集長。1998年「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)」の設立に関与し、現在「救う会」の会長を務める。国家基本問題研究所に評議員・企画委員。著書に『北朝鮮に取り込まれる韓国』(PHP研究所)、 『日韓「歴史問題」の真実』(PHP研究所)、 『韓国分裂―親北左派vs韓米日同盟派の戦い』(扶桑社)、 『北朝鮮の「核」「拉致」は解決できる』(PHP研究所)、『南・北朝鮮、同時崩壊か?』(東京財団)、『よくわかる慰安婦問題』(草思社)『金賢姫からの手紙』(草思社) など多数。

続きを読む

次回放送(開場時間)

2/23 (金) 20:45〜

生放送入口
February 23,2018 00:02:02
February 23,2018 20:45:00
February 23,2018 20:45:01
【インターネット生放送】花田編集長の右向け右! 毎週金曜 夜10時〜

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

書き下ろしのメルマガを配信元気になるメルマガ

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

会員
特典

  • 過去動画をいつでも視聴
  • 書き下ろしのメールマガジン
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。

  • 頼るな、備えよ 論戦2017

    頼るな、備えよ 論戦2017

    8月3日発売!

    1,620円(税込)

    【勁き日本へ!】もはや米国はアテにならない――。日本が「真の独立国」になるうえで不可欠な「憲法改正」を、必死で邪魔する勢力の〝正体〟とは?テレビ・新聞に蔓延る俗論を斬る!

  • 一刀両断

    一刀両断

    5月18日発売!

    1,620円(税込)

    この国を貶め、惑わすあらゆる元凶を真正面から糾す!「いま再び私たちは、雄々しく変わるときなのだ。急げ、急げ、さらに急げ。」日本が対峙する喫緊の難題に、強き国として突き進む道を明快に指し示す!