• LIVE予告
  • 3/1(金) 21:00〜

「完全非公開」の衆院政倫審の内容を暴く

能登復興予算が不成立ならば責任は野党に

  • 石橋文登

    石橋文登
    政治ジャーナリスト・千葉工業大学特別教授

  • 有元隆志

    有元隆志
    産経新聞月刊「正論」発行人兼調査室長

 自民党の派閥による政治資金の不記載問題を受け、清和会や二階派の当事者が弁明する衆院政治倫理審査会(政倫審)が28、29両日に開かれることがほぼ決りました。
 審査を申し出たのは清和会座長の塩谷立氏、事務総長の経験者だった西村前経産相、松野前官房長官、高木前国対委員長、二階派の武田元総務相です。
 政倫審は「非公開」が原則ですが、立憲民主など野党4党は強く公開を要求しています。一見、野党がドスを利かせているように見えますが、能登地震復興予算を含めた新年度予算案が3月1日まで衆

院を通過させなければ、4月からの予算執行ができなくなります。もし予算が執行できなければ批判の矛先は野党に向くために、最初から結論ありきの「出来レース」という批判もあります。さらに完全非公開といえども野党議員が加わればすぐメディアに漏れるという指摘も出ています。さて、この政局はどう展開するのでしょうか。
 3月1日金曜夜9時『櫻井よしこの言論テレビ』第593回生放送は、ゲストにお馴染み「政治部長コンビ」、政治ジャーナリストで千葉工大特別教授の石橋文登さん、産経新聞月刊『正論』発行人兼調査室長の有元隆司さんをお招きし、春の政局を論じます。
どうぞご期待ください。

【ゲスト】
石橋文登 政治ジャーナリスト・千葉工業大学特別教授
1966年福岡県生まれ。90年、京都大学農学部を卒業後、産経新聞社に入社。奈良支局、京都総局、大阪社会部を経て2002年に政治部に異動。政治部次長を経て、編集局次長兼政治部長などを歴任。2019年4月、同社を退社。6月から千葉工業大学審議役、2020年7月から特別教授。著書に「安倍『一強』の秘密」(飛鳥新社)、「国会議員に読ませたい敗戦秘話」(産経新聞出版、共著)、「『脱原発』が地方を滅ぼす」(産経新聞出版、共著)など多数。

有元隆志 産経新聞月刊「正論」発行人兼調査室長
1965年神奈川県生まれ。学習院大学法学部卒業、1989年産経新聞社入社。ワシントン特派員、政治部次長、編集局副編集長、政治部長を歴任。現在、フジサンケイグループの理論的支柱である月刊誌『正論』の発行人兼調査室長を務める。主な著書に「歴史戦」「日本共産党研究」(産経新聞出版、共著)など。

続きを読む
  • 石橋文登

    石橋文登
    政治ジャーナリスト・千葉工業大学特別教授

  • 有元隆志

    有元隆志
    産経新聞月刊「正論」発行人兼調査室長

 自民党の派閥による政治資金の不記載問題を受け、清和会や二階派の当事者が弁明する衆院政治倫理審査会(政倫審)が28、29両日に開かれることがほぼ決りました。
 審査を申し出たのは清和会座長の塩谷立氏、事務総長の経験者だった西村前経産相、松野前官房長官、高木前国対委員長、二階派の武田元総務相です。
 政倫審は「非公開」が原則ですが、立憲民主など野党4党は強く公開を要求しています。一見、野党がドスを利かせているように見えますが、能登地震復興予算を含めた新年度予算案が3月1日まで衆 院を通過させなければ、4月からの予算執行ができなくなります。もし予算が執行できなければ批判の矛先は野党に向くために、最初から結論ありきの「出来レース」という批判もあります。さらに完全非公開といえども野党議員が加わればすぐメディアに漏れるという指摘も出ています。さて、この政局はどう展開するのでしょうか。
 3月1日金曜夜9時『櫻井よしこの言論テレビ』第593回生放送は、ゲストにお馴染み「政治部長コンビ」、政治ジャーナリストで千葉工大特別教授の石橋文登さん、産経新聞月刊『正論』発行人兼調査室長の有元隆司さんをお招きし、春の政局を論じます。
どうぞご期待ください。

【ゲスト】
石橋文登 政治ジャーナリスト・千葉工業大学特別教授
1966年福岡県生まれ。90年、京都大学農学部を卒業後、産経新聞社に入社。奈良支局、京都総局、大阪社会部を経て2002年に政治部に異動。政治部次長を経て、編集局次長兼政治部長などを歴任。2019年4月、同社を退社。6月から千葉工業大学審議役、2020年7月から特別教授。著書に「安倍『一強』の秘密」(飛鳥新社)、「国会議員に読ませたい敗戦秘話」(産経新聞出版、共著)、「『脱原発』が地方を滅ぼす」(産経新聞出版、共著)など多数。

有元隆志 産経新聞月刊「正論」発行人兼調査室長
1965年神奈川県生まれ。学習院大学法学部卒業、1989年産経新聞社入社。ワシントン特派員、政治部次長、編集局副編集長、政治部長を歴任。現在、フジサンケイグループの理論的支柱である月刊誌『正論』の発行人兼調査室長を務める。主な著書に「歴史戦」「日本共産党研究」(産経新聞出版、共著)など。

続きを読む

次回放送(開場時間)

3/1 (金) 20:45〜

生放送入口
February 29,2024 19:56:59
March 01,2024 20:45:00
March 01,2024 20:45:24
【インターネット生放送】花田編集長の右向け右! 毎週金曜 夜10時〜

『あなたは祖国のために戦えますか?』という問いかけにXに沢山のご意見をいただきました。

私の主張を読んでいない方が多いと思いますので、以下の今週の出来事Vol38に「櫻井よしこの主張」を文章でUPしました。是非ご覧ください。


今週の出来事 毎週土曜に動画配信【新番組】2023年5月13日(土)配信開始

最近の櫻LIVE 毎週金曜にLIVE配信、毎週土曜に動画配信

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
Instagramはじめました フォローはこちらから

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

  • 異形の敵 中国

    異形の敵 中国

    2023年8月18日発売!

    1,870円(税込)

    ロシアを従え、グローバルサウスを懐柔し、アメリカの向こうを張って、日本への攻勢を強める独裁国家。狙いを定めたターゲットはありとあらゆる手段で籠絡、法の不備を突いて深く静かに侵略を進め、露見したら黒を白と言い張る謀略の実態と大きく揺らぐ中国共産党の足元を確かな取材で看破し、「不都合な真実」を剔抉する。

  • 安倍晋三が生きた日本史

    安倍晋三が生きた日本史

    2023年6月30日発売!

    990円(税込)

    「日本を取り戻す」と叫んだ人。古事記の神々や英雄、その想いを継いだ吉田松陰、橋本左内、横井小楠、井上毅、伊藤博文、山縣有朋をはじめとする無数の人々。日本史を背負い、日本を守ったリーダーたちと安倍総理の魂と意思を、渾身の筆で読み解く。

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!