• LIVE予告
  • 6/5(金) 21:00〜

櫻井&青山 武漢肺炎に完全勝利する

日本は中国の香港弾圧に明確に反対せよ!

青山繁晴

青山繁晴
参議院議員

 中国は香港に国家安全法制を導入する方針を決めました。この決定は香港の高度な自治を損ね、1国2制度は50年不変とした国際公約を破るものです。アメリカもヨーロッパも強く反発していますが、日本だけは中国に明確な意思表示をしていません。
 青山繁晴参議員が代表を務める自民党有志議員グループ、「日本の尊厳と国益を護る会」は19日、秋にも予定されている習近平主席の国賓来日中止を求めるなど中国に強い政策を求める7項目の提言書を安倍首相に提出しました。
 世界が未だ武漢ウイルス危機のさなかにあるにもかかわらず、中国は香港の自由と民主主義を弾圧し、尖閣では中国海警局の船が日本漁船を追尾するなど挑発行動を活発化させる力の政策をさらに強めています。
6月5日金曜夜9時『櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!』第398回生放送は、ゲストに参議院議員の青山繁晴さんをお迎えし、如何に日本の中国政策を変えるかなど熱い議論を展開します。
 櫻井キャスターは以下の質問を準備し対談に臨みます。
(1)「日本の尊厳と国益を護る会」は、安倍首相に提言書を出した。

日本の中国政策を変えよという意見書だった。尖閣諸島と尖閣の海を守れという点には完全に同意するが、いざ実行となると力が必要である。日本はその実行力を持てると思うか。
(2)習近平国家主席国賓来日中止も求めた。日本のコロナ後の対中・対米政策をどのように描いているか。また中国と距離をおくことにおいて経済とのバランスをどのように取るべきと思うか。サプライチェーンの切り離しについてどのような具体的可能性を描いているか。
(3)米中対立はいよいよ厳しくなっていく。その中で日本が果たすべき役割、果たすことの出来る役割をどのように描いているか。日本の政治家には長期的ビジョンが欠けている場合が多々ある。その政治風土に於いて、長期戦略を描き実行させていくために何が必要か。

【ゲスト】
青山繁晴 参議院議員
1952年兵庫県神戸市生まれ。慶應大学中退後、早稲田大学政治経済学部卒業。共同通信社へ入社し、官邸、自民党担当記者等を経て、ペルー日本大使館占拠事件で現地取材した後に退社。三菱総合研究所の研究員として、安全保障・外交から金融・経済など包括する国家戦略の立案に携わる。 2002年シンクタンク独立総合研究所を創立し、代表取締役兼主席研究員に就任した。TVタックルなどテレビ番組に出演多数。2016年7月参議院選挙比例区(自民)に立候補し当選した。著作に『ぼくらの祖国』、『ぼくらの真実』、『壊れた地球儀の直し方』など。

続きを読む
青山繁晴

青山繁晴
参議院議員

 中国は香港に国家安全法制を導入する方針を決めました。この決定は香港の高度な自治を損ね、1国2制度は50年不変とした国際公約を破るものです。アメリカもヨーロッパも強く反発していますが、日本だけは中国に明確な意思表示をしていません。
 青山繁晴参議員が代表を務める自民党有志議員グループ、「日本の尊厳と国益を護る会」は19日、秋にも予定されている習近平主席の国賓来日中止を求めるなど中国に強い政策を求める7項目の提言書を安倍首相に提出しました。
 世界が未だ武漢ウイルス危機のさなかにあるにもかかわらず、中国は香港の自由と民主主義を弾圧し、尖閣では中国海警局の船が日本漁船を追尾するなど挑発行動を活発化させる力の政策をさらに強めています。
6月5日金曜夜9時『櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!』第398回生放送は、ゲストに参議院議員の青山繁晴さんをお迎えし、如何に日本の中国政策を変えるかなど熱い議論を展開します。
 櫻井キャスターは以下の質問を準備し対談に臨みます。
(1)「日本の尊厳と国益を護る会」は、安倍首相に提言書を出した。 日本の中国政策を変えよという意見書だった。尖閣諸島と尖閣の海を守れという点には完全に同意するが、いざ実行となると力が必要である。日本はその実行力を持てると思うか。
(2)習近平国家主席国賓来日中止も求めた。日本のコロナ後の対中・対米政策をどのように描いているか。また中国と距離をおくことにおいて経済とのバランスをどのように取るべきと思うか。サプライチェーンの切り離しについてどのような具体的可能性を描いているか。
(3)米中対立はいよいよ厳しくなっていく。その中で日本が果たすべき役割、果たすことの出来る役割をどのように描いているか。日本の政治家には長期的ビジョンが欠けている場合が多々ある。その政治風土に於いて、長期戦略を描き実行させていくために何が必要か。

【ゲスト】
青山繁晴 参議院議員
1952年兵庫県神戸市生まれ。慶應大学中退後、早稲田大学政治経済学部卒業。共同通信社へ入社し、官邸、自民党担当記者等を経て、ペルー日本大使館占拠事件で現地取材した後に退社。三菱総合研究所の研究員として、安全保障・外交から金融・経済など包括する国家戦略の立案に携わる。 2002年シンクタンク独立総合研究所を創立し、代表取締役兼主席研究員に就任した。TVタックルなどテレビ番組に出演多数。2016年7月参議院選挙比例区(自民)に立候補し当選した。著作に『ぼくらの祖国』、『ぼくらの真実』、『壊れた地球儀の直し方』など。

続きを読む

次回放送(開場時間)

6/5 (金) 20:45〜

生放送入口
June 03,2020 10:01:54
June 05,2020 20:45:00
June 05,2020 20:45:42
【インターネット生放送】花田編集長の右向け右! 毎週金曜 夜10時〜
Instagramはじめました フォローはこちらから

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。