過去の放送

Vol.277 会員限定

韓国極秘情報をスクープ

2019.09.06 44分

9月6日金曜夜10時、第277回のゲストは、ジャーナリストで元日本共産党専従の篠原常一郎さんです。
日韓のGSOMIAを破棄し、アメリカにも反発を強める文在寅政権の韓国。
韓国自らが日米韓の連携にひびを入れています。
そのような中で、篠原さんが『月刊Hanada』10月号に寄稿した「文在寅に朝鮮労働党秘密党員疑惑」が、日本のみならず韓国でも大反響を呼んでいます。
韓国にいる朝鮮労働党の秘密党員が2014年に金正恩氏に送ったとされる「誓詞文」を篠原さんは紹介しましたが、そこには、文在寅韓国大統領の名前が。
この「誓詞文」の信憑性は? この文書はどのような意味を持つのか?
篠原さんによるスクープの裏側を花田編集長とともに語り尽くします。
また、これまでの韓国における北朝鮮勢力の動きをお伺いしながら、今後の韓国を読み解きます。

篠原常一郎

篠原常一郎
ジャーナリスト

1960年、東京都生まれ。立教大学文学部教育学科卒。公立小学校の非常勤教員を経て、日本共産党専従に。筆坂秀世参議院議員の公設秘書を務めた他、民主党政権期は同党衆議院議員の政策秘書を務めた。そのかたわら軍事、安全保障問題の評論を執筆。主な著書に『ノモンハンの真実』(筆名・古是三春、光人社NF文庫)、『いますぐ読みたい 日本共産党の謎』(徳間書店)。

※ プロフィールは放送日2019.09.06時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。