過去の放送

Vol.373 会員限定

中国共産党100年と日本

2021.07.09 44分

令和3年7月9日金曜夜10時、第373回のゲストはジャーナリストで評論家の宮崎正弘さんです。
7月1日、北京の天安門広場で行われた中国共産党創建100年の祝賀大会には、7万人の参加者を集め、人民服を着た習近平党総書記(国家主席)が演説を行いました。
これについて宮崎さんはご自身のメールマガジンで次のように触れています。
〈「偉大なる中華民族」「共産党なくして中国人民の栄光と繁栄はなかった」「貧困問題を解決した」「共産党の使命は台湾統一である」「中国共産党バンザイ」と壱時間かけての無内容な長演説。強制動員された「聴衆」の多くが居眠りをしていた。
一点だけ注目したのは毛沢東、トウ小平、江沢民、胡錦涛を並べたなかに、周恩来、劉少奇、朱徳、陳雲の名前を挙げて評価したことだ。いずれも毛沢東の政敵である〉(「宮崎正弘の国際情勢解題」令和3年7月2日)
同日、香港の繁華街コーズウェイベイ(銅鑼湾)で、警官が男に刃物で刺されて重傷。男は警官を刺した後、自分の胸を刺して病院に搬送されたが、死亡したということです。
中国を知り尽くす宮崎さんに、中国共産党100年、香港・台湾、そして中国共産党と日本について伺います。

宮崎正弘

宮崎正弘
ジャーナリスト・評論家

昭和21(1946)年、石川県金沢生まれ。早稲田大学中退。「日本学生新聞」編集長、雑誌『浪曼』企画室長を経て、貿易会社を経営。昭和57(1982)年、『もうひとつの資源戦争』(講談社)で論壇デビュー。国際政治、経済などをテーマに独自の取材で情報を解析する評論を展開。中国ウォッチャーとしても知られ、全33省を踏破、近年はアジア諸国の取材に集中している。 主な著書に、『吉田松陰が復活する!』(並木書房)、『台湾烈烈』(ビジネス社)、『「中国の時代」は終わった』(海竜社)、『こう読み直せ! 日本の歴史」(ワック)、最新刊に『WORLD RESET 2021』(ビジネス社)など。

※ プロフィールは放送日2021.07.09時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。