過去の放送

Vol.380 会員限定

コロナ現場医師の声を聴け

2021.08.27 43分

令和3年8月27日金曜夜10時、第380回のゲストはジャーナリストの笹井恵里子さんです。
新型コロナウイルスの感染拡大により、病床が逼迫しています。
厚生労働省は20日、新型コロナウイルス感染による全国の自宅療養者が18日午前0時時点で9万6709人になったと発表しました。
埼玉、千葉、東京、神奈川の1都3県で約5万8千人と全体の約60%を占めるということです。
これについて、例えば現場でコロナ患者を診察し続けている長尾和宏医師は、新型コロナウイルスの感染症法の扱いを、季節性インフルエンザ並みの「5類」に引き下げることが最重要だと訴えています。
「2類相当」のままでは、コロナ患者は保健所の管轄となり、地域の開業医が診ることはできず、そのために自宅療養ではなく「在宅放置」になっているといいます。
重症化するまで「在宅放置」せず、開業医がコロナ患者を診て初期に処置すべきだと訴えています。
開業医がコロナ患者を診ることができるようにするためには「5類落とし」が必須だとして、長尾医師は自身のブログにこう書かれています。
〈政令でできるので総理が今すぐに決断すれば5類に落とせる。死亡者ゼロを目指せる。  この第一段階が無いと以下に進まない。ここは腹を決めて決断すべき〉
長尾医師をはじめ、現場の医師を取材している笹井さんに、コロナ病床逼迫の真相を伺います。

笹井恵里子

笹井恵里子
ジャーナリスト

1978年生まれ。ジャーナリスト。『サンデー毎日』記者を経て、2018年よりフリーランスとして活動。医療や健康を中心テーマに取材を続け、週刊誌、月刊誌、ネットメディア等で多くの記事を執筆している。著書に『救急車が来なくなる日 医療崩壊と再生への道』(NHK出版新書)、『室温を2度上げると健康寿命は4歳のびる』(光文社新書)、『潜入・ゴミ屋敷 孤立社会が生む新しい病』(中公新書ラクレ)など。

※ プロフィールは放送日2021.08.27時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。