過去の放送

Vol.416 会員限定

文在寅氏は逮捕されるか

2022.05.06 49分

令和4年5月6日金曜夜10時、第416回のゲストは朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊さんです。
4月26日、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)次期大統領が派遣した代表団と岸田文雄首相が官邸で面会しました。
これについて韓国メディア「聯合ニュース」は26日、「韓日両国が未来志向的な関係に発展するよう、共同利益のため互いに努力しなければならないとの認識で一致した」と報じました。
また、「朝鮮日報」は同日、「(韓国側からは)韓国人が日本を訪問する際の隔離免除、ビザ免除措置の復活、金浦-羽田の航空路線の再開を提案し、岸田首相が肯定的な立場を表明した」と報じました。また、韓国代表団に対して「日本側が岸田文雄首相との面会内容を首相官邸のロビーで説明しないよう事前に強く要求していたことが分かった」(朝鮮日報、同日)とも報じています。
いわゆる「徴用工問題」や、世界文化遺産「佐渡島の金山」問題について、韓国からの具体的な改善がない中で、岸田首相が面会に応じる必要があったのでしょうか。
日韓関係についてまず伺います。
また、次期大統領の尹氏は大統領選告示前、韓国紙のインタビューで「文在寅政権で違法行為を犯した人たちも、相応の処罰を受けなければならない」と発言しています。すでに文在寅大統領夫人には衣装やアクセサリー代などが、公費から違法に支払われた疑いが浮上しています。
韓国の歴代大統領はいずれも悲惨な末路を辿っています。
朴正熙氏が側近に撃たれて死亡、全斗煥氏と盧泰愚氏は収監、盧武鉉氏は自殺、李明博氏と朴槿恵氏も収監されました。
文在寅大統領の今後について伺います。

松木 國俊

松木 國俊
朝鮮近現代史研究所所長

1950年、熊本県生まれ。1973年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。同年、豊田通商株式会社入社。1980年~84年、豊田通商ソウル事務所駐在。秘書室次長、機械部次長を経て、2000年、豊田通商退社。2001年、松木商事株式会社設立、代表取締役。現在、朝鮮近現代史研究所所長。著書に『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』『ほんとうは、日韓併合が韓国を救った!』(ともにワック)など。

※ プロフィールは放送日2022.05.06時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。