過去の放送

Vol.435 会員限定

安倍総理「国葬」は当然だ

2022.09.16 44分

令和4年9月16日金曜夜10時、第435回のゲストは夕刊フジ政治部長の矢野将史さんです。
矢野さんは、安倍晋三元総理の夕刊フジ連載を第一回から担当し、間近で安倍元総理を見てきた記者の一人です。安倍元総理が自民党幹事長代理時代の2004年末、雑談中に「連載コラムをやってみませんか?」と提案、その場で連載が決まったといいます。その連載初回は、朝日新聞の「NHK『慰安婦』番組改変」「中川昭 安倍 『内容に偏り』」「前日、幹部呼び指摘」という記事に、「捏造記事だ」と真っ向反論する内容でした。
安倍元総理の国葬儀は27日に日本武道館で行われます。
立憲民主党の蓮舫氏、辻元清美氏は国葬儀の案内の写真つきで、ツイッターに次のように投稿し、欠席を表明しました。
蓮舫氏〈閣議決定だけで時の政権が国葬を決める、国権の最高機関たる国会を無視したこの決め方に反対です。欠席します。〉
辻元氏〈内閣府設置法の「国の儀式」は今まで憲法7条による天皇の国事行為のみ。そこに安倍元総理の葬儀を加えるのか。人の「死」は平等です。コロナで亡くなりご葬儀もできない方もいる。また安倍元総理は統一教会と深い関係があったのでは?でも調査もせず全額国費「国葬儀」? 納得いかない。欠席します。〉
立憲民主党の泉健太代表は、岸田文雄首相が出席して8日に行われた国会閉会中審査での質疑の最後に「首相から納得できる答えは得られなかった」として、改めて国葬への反対を表明。泉氏は、国葬の実施を「法的に瑕疵がある」とまで言及しましたが、出欠については、審議後も記者団に「今後の状況、(政府の)姿勢による」と語り、あやふやな姿勢に終始しています。
岸田首相は国会閉会中審査で、安倍元総理に対して約260の国・地域と機関から1700件以上の弔意メッセージが寄せられたと説明し、「日本国として礼節をもって応え、安倍氏が培った外交的遺産を引き継ぐ」と強調。また、国葬に出席するため、米国のハリス副大統領やインドのモディ首相、オーストラリアのアルバニージー首相、カナダのトルドー首相ら各国首脳が来日することも明らかにしました。
矢野さんに安倍元総理のこと、国葬儀の意味について伺います。

矢野将史

矢野将史
夕刊フジ政治部長

※ プロフィールは放送日2022.09.16時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』