過去の放送

Vol.45 一般公開

日中軍事力比較

2015.03.27 46分

3月27日金曜夜10時、第45回のゲストは、軍事ジャーナリストの鍛冶俊樹さんです。
公表された中国の15年国防予算は8868億9800万元(約16兆9000億円)。前年比10.1%増で、5年連続、国防費の2桁増となりました。
東アジアの緊張を生み出す中国の軍事力増大ですが、そのような状況で日本は大丈夫なのでしょうか。
鍛冶さんに、日中の国防費比較、兵力比較を行ってもらいながら検証します。
また、国防費や兵力などの数字だけではわからない、軍事力を観るときに必要な視点についても解説頂きます。
鍛冶さんは、軍事力を観るとき、自動車をまともにつくれない国はダメだといいます。艦船や戦車であれば、それでもゆっくり走っていればよいが、飛行機は止まったら落ちる、そして、そもそも中国の航空機はどうも飛んでいない……。
中国は防空識別圏を設定し、それがまるで領空であるかのような振る舞いをしていますが、防空識別圏はスクランブルするためにあります。が、中国はスクランブルをできていない……。いったいどういうことなのでしょうか。
中国の軍事力の実態についてお伺いします。

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

鍛冶 俊樹

鍛冶 俊樹
軍事ジャーナリスト

1957年広島県生まれ。1983年埼玉大学教養学部卒業後、航空自衛隊に幹部候補生として入隊、主に情報通信関係の将校として11年間勤務。1994年、文筆活動に転換、翌年、論文「日本の安全保障の現在と未来」で第1回読売論壇新人賞受賞。2011年、メルマガ「鍛冶俊樹の軍事ジャーナル」が「メルマ!ガ オブ ザイヤー2011」審査員特別賞を受賞。2012年、著書『国防の常識』第7章を抜粋した論文「文化防衛と文明の衝突」が「真の近現代史観」懸賞論文に入賞。著書に『領土の常識』『国防の常識』(以上、角川oneテーマ21)、『戦争の常識』『エシュロンと情報戦争』(以上、文春新書)、『総図解よくわかる第二次世界大戦』(共著、新人物往来社)などがある。

※ プロフィールは放送日2015.03.27時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

会員
特典

  • 過去動画をいつでも視聴
  • 書き下ろしのメールマガジン
詳しくはこちら
  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。