過去の放送

Vol.292 会員限定

日本にはびこるチュチェ思想

2019.12.20 44分

12月20日金曜夜10時、第292回のゲストは、ジャーナリストの篠原常一郎さんです。
北朝鮮の指導思想である「チュチェ思想」。
そのチュチェ思想を研究する「チュチェ思想研究会」の「チュチェ思想新春セミナー」について、篠原さんは『月刊Hanada』(2020年1月号)に寄稿しています。
「新春セミナー」は2000年ごろから毎年、行われているということですが、その出席者と内容を詳しく伺います。
また、「チュチェ思想新春セミナー」が行われるのは沖縄で、チュチェ思想研究会のメンバー(幹部)の多くが沖縄県の大学教授。沖縄大学をはじめ、琉球大学、沖縄国際大学などに存在するといいます。
北朝鮮の最高指導者は金一族の世襲ですが、親族ですら残虐な処刑を行い、大量の粛清が行われていることは周知の事実です。
その北朝鮮の「チュチェ思想」とはどのようなものなのか。
なぜ沖縄の大学に多いのか。
そのような大学教授が存在する沖縄の教育はどうなっているのか。
詳しく伺います。

篠原常一郎

篠原常一郎
ジャーナリスト

1960年、東京都生まれ。立教大学文学部教育学科卒。公立小学校の非常勤教員を経て、日本共産党専従に。筆坂秀世参議院議員の公設秘書を務めた他、民主党政権期は同党衆議院議員の政策秘書を務めた。そのかたわら軍事、安全保障問題の評論を執筆。主な著書に『ノモンハンの真実』(筆名・古是三春、光人社NF文庫)、『いますぐ読みたい 日本共産党の謎』(徳間書店)。

※ プロフィールは放送日2019.12.20時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。