過去の放送

Vol.357 会員限定

軍艦島ドキュメントでNHKを徹底追及

2021.03.19 42分

令和3年3月19日金曜夜10時、第357回のゲストは和田政宗参議院議員です。
長崎県・端島(いわゆる軍艦島)の暮らしを記録したNHKのドキュメンタリー番組『緑なき島』(1955年放送)の炭鉱内映像について疑惑が持ち上がっています。番組で「事実の改竄が行われた」と告発しているのは、一般財団法人「産業遺産国民会議」と「真実の歴史を追及する端島島民の会」。この番組の映像は、韓国による「軍艦島での労働は劣悪だった」とのプロパガンダに使われています。
和田さんはNHKの編成局部長と面会して番組調査について説明を受けた上で、こう語っています。
「NHKはこれまで、『(番組の制作は)端島における取材に基づく』と断言していたので、撮影した映像テープが残っているものと思っていた。だが、編集前の撮影テープは残っていないとみられることが分かった」
「(編集前の撮影テープがなければ)『緑なき島』制作にあたり、もし別の炭坑などで撮影した映像が使われたとしても検証は難しくなる。にもかかわらず、NHKが『映像は端島炭坑のものだ』と断定するのは、危険ではないか」(夕刊フジ、2021年3月3日)
また、NHKは『緑なき島』について「軍艦島での生活を肯定的に取り上げている」と説明したという。それに対して和田さんは、そうであれば韓国による映像の取り上げ方は放送の趣旨とまったく異なるから、公共放送として抗議や声明を出すべきではないかと問題提起したということです。
『緑なき島』には、炭坑内で作業員がふんどし一丁になり、キャップランプのないヘルメット姿で、這いつくばるような低い坑道で作業する映像がありますが、それらは元作業員や元島民の証言とまったく異なるあり得ないものです。
NHK問題についてお伺いします。

和田政宗

和田政宗
参議院議員

1974年10月14日、東京生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業(日本外交史)。1997年、アナウンサーとしてNHKへ入局。新潟局、帯広局、大阪局を経て2009年7月より仙台局に勤務。東日本大震災の報道や取材に携わる。2013年7月21日、第23回参議院議員選挙において、みんなの党公認で出馬し、宮城県選挙区で初当選。

※ プロフィールは放送日2021.03.19時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 言語道断

    言語道断

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。