過去の放送

Vol.411 会員限定

プーチンは核を使うか

2022.04.01 45分

令和4年4月1日金曜夜10時、第411回のゲストは筑波大学教授の中村逸郎さんです。
ロシアのウクライナ侵略から一カ月以上が経過しました。
ウクライナへの無差別攻撃を続けるロシアに、ウクライナは軍と国民が決死の戦いを続けています。
昨年12月3日、ワシントンポスト(電子版)がロシアが最大17万5千人の兵力で2022年初頭にもウクライナに対する大規模な軍事攻撃を計画していると報じましたが、全面侵攻が起こらないという見方が大勢でした。そんな中、中村教授は「ロシアがウクライナに侵攻する確率は99%だ」と予想し、残念ながらその通りになりました。
その中村教授は、残酷なロシア人(スラブ人)の特異性、ロシアの精神性を抉り出し、抽出した人物がプーチンだと指摘されています(『月刊Hanada』5月号、中村逸郎「〝愛国者〟の末路は核のボタンと自死」)。
追い詰められたプーチンは核を使うことも辞さないのではないか、という軍事的な見方もありますが、中村教授はロシア人の特異性の観点からプーチンの核使用、そしてプーチンの最期について『月刊Hanada』に寄稿されています。
重病説や死亡説も噂されるプーチンとはいかなる人物で、今、どのような状況にあるのでしょうか。また、ロシア人の精神性とは、ロシア人の愛国心とは、どのようなものなのでしょうか。中村教授に伺います。

中村逸郎

中村逸郎
筑波大学教授

1956年生まれ。ロシア研究の第一人者。筑波大学人文社会系教授。学習院大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学。2017年、『シベリア最深紀行』で、梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞。『東京発モスクワ秘密文書』『ロシア市民』『ろくでなしのロシア』などの著作がある。

※ プロフィールは放送日2022.04.01時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。