過去の放送

Vol.151 一般公開

安倍首相生出演!秋の対談スペシャル

安保法制―歴史的使命を完うする覚悟と戦略

2015.09.11 68分

 戦後七〇年談話を乗り超えた安倍首相には、さらなる課題が待ち受けています。焦眉の急である安保法制に、国民の理解は進んでいません。高まる中国の脅威に、防護体制は不十分です。憲法改正への道は険しく、アベノミクスの成功にはもっと大胆な成長戦略が必要です。激変する米中二大国の関係、その二大国にはさまれた日本の確かな生き残りを担保する国家基盤の立て直しこそ、安倍首相の歴史的使命です。如何にして自らに課せられた使命を完うするのか、その覚悟と戦略を櫻井よしこキャスターと外交評論家で国家基本問題研究所副理事長の田久保忠衛氏が安倍首相に問います。

≪動画インデックス≫
 1.自民党総裁に再選後に取組む課題は何か
 2.リベラル学者が言葉の暴力を用いても、安保法制を冷静に議論すべきだ
 3.隙だらけの民主党の論理をなぜ突かない
 4.自民党が中国の脅威を強調しないのはなぜ
 5.安保法案はいつ採決をするのか
 6.この安保法案で激動する国際社会の中で日本を守れるのか
 7.ポスト安保法制は経済に力を集中する
 8.消費増税はする?しない?
 9.戦後70年談話で安倍首相が言いたかったことは何か
10.戦後体制を前向きに捉えた70年談話と「戦後レジームからの脱却」とのバランス
11.憲法改正はどこから手をつけるか
12.日中韓首脳会談の中国側出席者は李克強首相?
13.ロシア首相の択捉訪問に対するマイルドな抗議に「微妙な背景」があるのか
14.首脳としてみたプーチン大統領の人物像

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

安倍晋三
内閣総理大臣

1954年、東京生まれ。成蹊大学法学部政治学科卒業後、(株)神戸製鋼所を経て、1993年、衆議院議員初当選を果たす。現在、当選7回。自由民主党幹事長、内閣官房長官などを歴任。2006年、第90代内閣総理大臣に就任し、2007年に辞任したが、2012年に第96代内閣総理大臣に再び就任。

※ プロフィールは放送日2015.09.11時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。