過去の放送

Vol.28 一般公開

【憲法記念日特別LIVE】
櫻井よしこの「納得できる憲法改正講座」

2013.05.03 51分

憲法記念日は、現行憲法の1947年5月3日施行を記念した祝日で、憲法を考える日です。今年は特に一生懸命に考えていただきたいと思います。安倍政権は7月の参議院選の争点に、憲法改正の手続きを定めた96条の改正を掲げています。では、憲法96条の改正とは何か? 現行の憲法はそのままで良いのか? 5月3日(金)夜9時「櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!」第28回生放送は、櫻井よしこの「納得できる憲法改正講座」を開講し、視聴者の皆さんに文字通り納得していただけるまでなぜ憲法改正が必要なのかをお話しいたします。

≪「納得できる憲法改正講座」動画インデックス ≫

1. 現行憲法はどのように作られたのか?
  ① わずか1週間でGHQは憲法草案の起草作業を終了した ※【資料】
  ② マッカーサー司令官は「日本の安全を維持する手段としての戦争も放棄
    せよ」と主張した
  ③ 日本政府はGHQ憲法草案を恫喝されながら受け取った
  ④ 米紙クリスチャン・サイエンス・モニターは「この憲法の重要条項に日本
   の現実から生まれた思想はひとつもない」と批判した

2. 翻訳文体で書かれた憲法前文
3. 第9条2項 交戦権を放棄しては国も国民も守れない
4. 「憲法第三章 国民の権利及び義務」は権利と自由ばかりで責任と義務は軽視
5.  現行憲法の問題点
  ① 日本人本来の価値を守れない
  ② 大災害などに対処する緊急事態項目がない
  ③ 外資の自然資源略奪を防げない
  ④ 他国のミサイル・サイバー攻撃などを防げない

6. なぜ66年も憲法を改正できなかったのか?

【資料】わずか1週間で終わった憲法草案の起草作業

1945年10月25日 憲法起草する松本委員会発足
1946年 2月 1日 発表前に松本案(明治憲法に近い)を毎日新聞スクープ
1946年 2月 3日 松本案に不満のマッカーサー司令官がGHQに起草指示
      2月 4日 草案作成開始
      2月 8日 松本案 GHQへ提出されるが一蹴される
      2月10日 起草作業終了
      2月13日 GHQ草案完成、日本政府に渡される
      2月26日 閣議でGHQ草案に沿った憲法草案起草を決定
     11月 3日 日本国憲法公布
1947年 5月 3日 日本国憲法施行

Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

櫻井よしこ

櫻井よしこ

※ プロフィールは放送日2013.05.03時点の情報です

Instagramはじめました フォローはこちらから

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』