過去の放送

Vol.275 会員限定

なぜ若者は安倍政権を支持するのか?

感動!ポーランド孤児救出が紡ぐ命のリレー

2018.01.26 61分

 昨年の衆院選で18歳以上の10代の若者が初めて選挙に臨みました。若者はどのような政治意識を持っているのでしょうか。FNNの最新世論調査(1・21~22)では、安倍政権支持は「男性10代と20代」では71・6%、「女性10代と20代」では59.7%と男女共に若い世代ほど安倍内閣の支持率が高くなっています。
 対談の冒頭で櫻井キャスターは「なぜ若者は安倍政権を支持するのか」と井上和彦さんに尋ねました。講演やセミナーで若者と接する機会の多い井上さんは「若者はテレビや新聞は見ない。情報源はネットでオールドメディアの一方的な報道に洗脳されることがない。ネットの方が両論併記で、同じ事象に対しても悪く書いている人もいるし、肯定する意見もある。若い人は直感的に安倍首相のカッコよさ、外交交渉の姿勢や国家感、自分を取り巻いている経済状況をなどから、この人がリーダーと思っているのではないか」と指摘しました。
 井上さんはある私立中学で日本の本当の歴史を教えた後で、送られてきた生徒たちの感想文を読んで心を打たれました。井上さんが話したのは、第一次大戦時の日本軍によるポーランド孤児救出の感動秘話でした。この話を聞いた生徒たちの感想文には「日本は素晴らしい国だと思った。自分の国に誇りを持った」と書かれていました。井上さんは感動して涙が止まらなかったそうです。765人のポーランド孤児の救出の秘話は、「軍事漫談家」とも言われる井上さんと櫻井キャスターの巧みな掛け合いを動画でお楽しみください。
 井上さんはポーランド孤児救出の締めくくりとして「日本人がシベリアで苦しむポーランド孤児を救出、助けられたポーランド孤児は成長してポーランドで迫害されていたユダヤ人を助けた。日本人がポーランド孤児を助けたことが、今度はユダヤ人の命を助ける糸を紡いだことになる」と感慨深く語りました。

≪対談で語られた論点≫
1.【ニュース解説】開会式前の日韓首脳会談で安倍首相は厳しい物言いをすべきだ
2.なぜ若者は安倍政権を支持するのか?
3.幕末も現代も若者の覚醒で改革が始まる
4.日本の本当の歴史を若者に教える喜びと感動
5.感動秘話!765人のポーランド孤児の救った日本
6.日本人がポーランド孤児を救い、ポーランド孤児がユダヤ人を救う
7.樋口季一郎将軍の決断がユダヤ人難民を救った
8.杉原千畝をほめる形で日本を貶める愚行
9.ラバウルの子供たちが合唱した「うさぎとかめ」

井上和彦
ジャーナリスト

昭和38年(1963)滋賀県生れ。法政大学卒。専門は軍事・安全保障・外交問題・近現代史。〃軍事漫談家〃の異名を持ち、バラエティー番組やニュース番組のコメンテーターを務める。産経新聞「正論」執筆メンバー。フジサンケイグループ第17回「正論新風賞」受賞。(公財)国家基本問題研究所企画委員。  著書に『日本が戦ってくれて感謝しています』(産経新聞出版)『大東亜戦争秘録日本軍はこんなに強かった!』『こんなに強い自衛隊』(双葉社)『パラオはなぜ世界一の親日国家なのか』(PHP研究所)『撃墜王は生きている』(小学館)など多数。

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

書き下ろしのメルマガを配信元気になるメルマガ

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

会員
特典

  • 過去動画をいつでも視聴
  • 書き下ろしのメールマガジン
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。

  • 頼るな、備えよ 論戦2017

    頼るな、備えよ 論戦2017

    8月3日発売!

    1,620円(税込)

    【勁き日本へ!】もはや米国はアテにならない――。日本が「真の独立国」になるうえで不可欠な「憲法改正」を、必死で邪魔する勢力の〝正体〟とは?テレビ・新聞に蔓延る俗論を斬る!