過去の放送

Vol.306 一般公開

櫻井よしこ&百田尚樹

「熱く語ろう!素晴らしい日本」

2018.08.31 60分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 百田尚樹さんとの対談は、もっと長く続けたいと感じるものでした。「永遠の0」で心一杯の感動をもたらしてくれた百田さんがいま、日本の歴史について大部の本を書いています。古代から現代まで日本の歴史、日本の歩みの中には宝石のような価値観が詰っています。どれほど日本人が賢かったか、他者の為に生きた存在だったか、百田さんが様々な事例を語っています。中華の世界と袂を分かち、大和の道を歩み始めた聖徳太子、太子の後に続く幾多の日本人、身分の違いを超えて、祖国を愛し大切にした日本人。立派な人間の群像が、すなわち日本です。話の中でそのような日本を貶める朝日新聞の批判も度々出て来ました。なぜ朝日は反日メディアになったのか、その謎も解いています。
※訂正
対談前半で、櫻井キャスターが白村江の戦いは633年と発言していますが正しくは663年ですので訂正させていただきます

≪対談で語られた論点≫
 1.朝日新聞回答書は4年間の過ちに謝罪なし
 2.百田尚樹が取り組む500ページの日本史
 3.日本は古代から民衆を大切にする凄い国
 4.大伴部博麻は自ら奴隷になり日本を救った
 5.遊女、乞食まで万葉集和歌の前に身分なし
 6.私が1日休めば、日本が1日遅れます
 7.8・14でも朝日は社説で戦争を煽った
 8.戦後朝日新聞がコロッと左に変わった理由
 9.保守20万の公職追放と共産主義者の登用
10.自分はどうなってもよいと語った昭和天皇
11.百田尚樹は日本史を書き何度も泣いた

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

百田尚樹
作家

1956年大阪生まれ。同志社大学を中退。放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数担当。2006年特攻隊の零戦乗りを描いた『永遠の0』で作家デビューし、2013年出光興産の創始者出光佐三をモデルに世界のメジャーに対抗した男を描いた「海賊と呼ばれた男」が本屋大賞を受賞した。『永遠の0』は文庫本が370万部を突破、映画『永遠の0』が観客動員数700万人と大ヒットした。最近の著書に『フォルトゥナの瞳』『鋼のメンタル』『カエルの楽園』『幻庵』『戦争と平和』などがある。

※ プロフィールは放送日2018.08.31時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。