過去の放送

Vol.322 一般公開

櫻井&百田&有本の「愛おしい日本」

教科書への怒りが「日本国紀」を書かせた

2018.12.21 71分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 今夜は、百田尚樹さんと有本香さんをお迎えして長大な日本国の歴史の書、「日本国紀」について語りました。縄文時代から平成の今日までを500ページにまとめています。その特徴は近現代史に本の約半分のページ数を割いていることです。若い人たちにとっては教科書で見たことも読んだこともない歴史の物語満載です。
 神話の時代から平安朝、鎌倉、徳川の時代、開国から今日まで、本当に大きな山や谷を乗り越えてきたのが日本です。万世一系の血筋が脈々と繋がっています。皇室を一つの軸とする日本社会が、どれほど穏やかで心優しく、時には雄々しい歴史を紡いできたか。百田さんが渾身の力を振り絞って書き上げた本についての鼎談を皆様方も楽しんでください。この本を読む人は皆、日本が愛おしくなると私は感じました。

≪動画の目次≫
 1.「日本国紀」500頁の約半分が近現代史
 2.百田さん、鼻の骨折手術後今夜が初出演
 3.正直で嘘をつかずユーモアに溢れた日本人
 4.幕末の錦の御旗に天皇の偉大さを知った
 5.歴史を学べば子供たちは祖国が好きになる
 6.日本の歴史には「平和ボケ」の時代がある
 7.教科書への怒りが「日本国紀」を書かせた
 8.日本の教科書は朝鮮半島の教科書なのか
 9.表の歴史に出てこない素晴らしい日本人
10.GHQの洗脳計画に協力した反日日本人

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

百田尚樹
作家

1956年大阪生まれ。同志社大学を中退。放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数担当。2006年特攻隊の零戦乗りを描いた『永遠の0』で作家デビューし、2013年出光興産の創始者出光佐三をモデルに世界のメジャーに対抗した男を描いた「海賊と呼ばれた男」が本屋大賞を受賞した。『永遠の0』は文庫本が370万部を突破、映画『永遠の0』が観客動員数700万人と大ヒットした。最近の著書に『フォルトゥナの瞳』『鋼のメンタル』『カエルの楽園』『幻庵』『戦争と平和』などがある。

有本 香
ジャーナリスト

1962年生まれ。東京外国語大学卒業。旅行雑誌編集長、上場企業の広報担当を経験したのち独立。現在は編集・企画会社を経営するかたわら、世界中を取材し、チベット・ウイグル問題、日中関係、日本の国内政治をテーマに執筆。著書に、『リベラルの中国認識が日本を滅ぼす 日中関係とプロパガンダ』(石平氏との共著、産経新聞出版)、『中国はチベットからパンダを盗んだ』(講談社+α新書)、『はじめての支那論 中華思想の正体と日本の覚悟』(共著、幻冬舎新書)、『「小池劇場」が日本を滅ぼす』 (幻冬舎)など。

※ プロフィールは放送日2018.12.21時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。