過去の放送

Vol.63 一般公開

百田尚樹 「今年も日本と日本人が如何に素晴らしいかを伝えたい」
櫻井よしこ「日本が日本として甦って素晴らしい国家の土台を作る年」

2014.01.03 55分

 特攻隊の零戦乗りを描いた『永遠の0』が370万部、出光興産の創始者出光佐三をモデルに世界のメジャーに対抗した男を描いた「海賊と呼ばれた男」176万部(数字は昨年12月最終週)。昨年、作家百田尚樹氏が書いた小説は売れに売れ、『永遠の0』は映画化され大ヒットし、メディアに百田氏が登場しない日がゼロと言ってよい程の凄まじい活躍ぶりでした。2014年新春特番は作家百田尚樹をお迎えし「再び立ち上がれ!日本」をテーマに櫻井よしこキャスターと新しい年の抱負を語るビッグ対談を企画しました。

≪動画インデックス≫
 1.安倍総理の靖国参拝をメディアはどう報道した?
 2.中韓の靖国参拝非難に朝日・毎日が果たした負の役割
 3.NHK経営委員の役割とは何だ?
 4.これでよいのか?NHK&民放テレビ報道の伝え方
 5.戦争の罪悪感を日本人に植えつける米軍の洗脳教育
 6.大メディアの対抗軸としてのインターネットの強さ
 7.日本を取り巻く国際環境が激変している現実を知るべきだ!
 8.原爆投下など米国の戦争犯罪を隠すために自虐思想を植えつけた
 9.占領軍推薦の「太平洋戦争」を使い、
   日本の決めた「大東亜戦争」を使わない不思議 
10.百田尚樹流多ジャンル執筆発想法
11.今年、百田尚樹は「SF」と「戦国時代の歴史小説」に挑戦
12.百田尚樹「今年も日本と日本人の素晴しさを伝えたい」
13.子供たちには「自虐日本」ではなく、「素晴しい日本」を教えるべきだ!
14.櫻井よしこ「今年は日本が日本として蘇り素晴しい国家の土台をつくる年」

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

百田 尚樹
作家

1956年大阪生まれ。同志社大学を中退。放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数担当。2006年特攻隊の零戦乗りを描いた『永遠の0』で作家デビューし、2013年出光興産の創始者出光佐三をモデルに世界のメジャーに対抗した男を描いた「海賊と呼ばれた男」が本屋大賞を受賞した。その他『ボックス!』『モンスター』『錨を上げよ』『夢を売る男』『「黄金のバンタム」を破った男』など多数。『永遠の0』は文庫本が370万部を突破、映画『永遠の0』公開中。

※ プロフィールは放送日2014.01.03時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。