過去の放送

Vol.78 一般公開

オバマ大統領来日特集「米国のアジア外交は変わるのか?」①
「日米同盟の意味は、米軍と自衛隊が一緒になって日本を防衛することだ」

2014.04.18 75分

 オバマ大統領は4月23日~25日に国賓として日本を訪問し、24日には日米首脳会談が行われます。オバマ大統領来日特集の第1回目では、安全保障や軍事バランスから考えた日米VS中国にスポットを当てました。さらに、ロシアや中国のような異質な国家の力ずくの膨張を抑えることができないオバマ政権は米国内では、特に専門家の間では、どのように評価されているのか、逆に日本の安倍政権は米国内でどのように評価されているのかお聞きするのが企画の狙いです。
 対談の前半で櫻井キャスターは、オバマ政権の対日理解度はどれほどのものか、靖国問題をどの程度理解しているのかを質しました。さらに、尖閣問題で日本はオバマ政権を信頼してよいのか、軍拡を続ける中国と軍事費を縮小する米国の軍事バランスは10年後にはどうなるのか、中国と日米の軍事衝突を回避するためには、日本は何をすべきなのかなど議論の収斂を試みました。こうした議論の末に浮かび上がったオバマ政権の日本を見つめる視線や思考が、どんな外交に発展して行くのでしょうか?

≪動画インデックス≫
 1.安倍首相とメア氏が出演した「たかじんそこまで言って委員会」の内容は?
 2.共和党でも民主党でも米国の安保戦略は変わらない
 3.安倍首相の靖国参拝に「失望した」発言は適当でなかった
 4.中国提唱の「新型大国間関係」を米国高官が使えば誤解を招く
 5.公海、航空の自由が米国の基本政策だから「防空識別圏」など認めない
 6.米艦船が攻撃されても日本の艦船が何もできなければ本当の同盟ではない
 7.日本は集団的自衛権をできるだけ早く行使できるように変更すべき
 8.尖閣で衝突になれば米軍+自衛隊で必ず中国に勝つ
 9.TPPの意味は、国際的なルールで動くか、中国のルールで動くかの選択だ!
10.日本のためには「日米安保」と「TPP」を両軸にして進むことが重要だ

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

ケビン・メア
米国務省元日本部長

1954年米サウスカロライナ州生まれ。ラグレインジ大学で近代ヨーロッパ史学士号、ハワイ大学大学院で近代東アジア史の修士号、ジョージア大学ロースクールで法務博士号(JD)を取得し、弁護士事務所勤務を経て、国務省に入省。駐日米国大使館安全保障部副部長や沖縄総領事、2009年~11年国務省東アジア・太平洋局日本部長を務める。東日本大震災の際に米軍2万人で被災地を支援した「トモダチ作戦」の調整役として尽力。日本語が堪能で、対日政策のエキスパート。ワシントン在住。著書に『決断できない日本』(文春新書)

※ プロフィールは放送日2014.04.18時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。