過去の放送

Vol.474 会員限定

小室眞子、圭さん「日本決別」NYに旅立ち

秋篠宮家への国民の視線がどうなるのか?

2021.11.19 62分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 眞子様は結婚して小室眞子さんとなり、小室さんとニューヨークへ行ってしまいました。これからおふたりはどのように暮らすのか。とにかく無事で過ごしてほしいと祈るばかりです。
 眞子様問題が皇室に落とした影は果てしなく暗く心配です。一連の問題を竹田恒泰さんとともに話しました。竹田さんが語るニューヨークの様子。眞子様たちが暮らすヘルズキッチンという地区の話。心配になりました。
 そして日本のメディアは雑誌を中心にまだまだ批判が続いています。今こそ日本人が皇室の成り立ちやその意味をよく理解して日本の文化の源である皇室を守っていかなければならないと思ったことでした。

≪対談で語られた論点≫
 1.お住まいヘルズキッチンは「新大久保」
 2.総領事館に眞子さん担当の女性職員を配置
 3.秋篠宮から眞子さんへの援助は憲法違反になる
 4.皇族費の大半は雇っている人件費で消える
 5.解決金400万円は眞子さんが払った可能性
 6.眞子さんの「私が判断した」にメディアが沈黙
 7.眞子さん問題は皇室に“破壊的影響”
 8.佳子様は一時金を受け取るのですかという疑問
 9.「開かれた皇室」はGHQが言い始めた
10.天皇は祈る存在だが祈りの中身は非公開
11.皇室を護る宮内庁が役に立たない
12.英王室と皇室の成り立ちは全く違う
13.ダイアナ妃事故死で王室批判、世論は王室廃止
14.英王室は国民へのアピールで信頼を確認
15.事故、災害で英王族は現場で指揮を執る
16.英王室世論調査で「王族支持率」が出る
17.秋篠宮殿下の気持ちに寄り添ってほしい

竹田恒泰
作家

昭和50年に東京生まれ。生家は旧皇族・竹田家で、明治天皇の玄孫に当たる。慶應義塾大学法学部卒業、憲法学・史学の研究に従事する。日本オリンピック委員会(JOC)会長の竹田恒和氏は父。平成18年に著書『語られなかった皇族たちの真実』で山本七平賞を受賞、その他『エコマインド~環境の教科書』、『皇室へのソボクなギモン』(共著)、『旧皇族が語る天皇の日本史』、『面白いけど笑えない中国の話』、『面白いけど笑えない韓国の話』など著書多数。ニコニコ動画「竹田恒泰チャンネル」で新聞記事解説を配信中。

※ プロフィールは放送日2021.11.19時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。