過去の放送

Vol.260 一般公開

昭和天皇は安保改定に賛成だった

2019.05.10 47分

5月10日金曜夜10時、第260回のゲストは、世界日報編集局長の藤橋進さんです。
藤橋さんは昭和天皇の直筆御製を入手、未発表のものを記事にしました。
昭和天皇が岸信介元首相の訃報に接して詠まれた御製は、安保改定時の岸首相の孤独な戦いへの深い同情を詠まれたものでした。
一歩先に朝日新聞が「昭和天皇直筆原稿見つかる」と報じましたが、しかし、それは「巧みに印象操作が行われているように見える」と藤橋さんは月刊『Hanada』6月号に書いています。
朝日も岸元首相を悼む御製をすべてではないものの掲載し、半藤一利氏のコメントを添えて紹介しましたが、それは次のようなものでした。
〈昭和天皇は、日本の転換点の舵(かじ)取りをした岸首相の考えを「おもひふかけれ」と評価し、深く思いを寄せていたのかと複雑な気持ちにとらわれる〉
〈日米の集団的自衛を定めた安保改定に賛成の気持ちを持っておられたのだろうか。それをうかがわせるような直筆の言葉が残されていることに心から驚いている〉
(ともに朝日新聞2019年1月1日)
藤橋さんは半藤氏のコメントについて、「この驚きと戸惑いは、図らずも半藤氏の昭和天皇観の浅さを示すというより、われわれには及び難い昭和天皇の深さを示しているようにも思われる。ただはっきり言えることは、『国のたひらぎ』を詠われ祈られた昭和天皇だが、決して空想的平和主義者ではなかったということだ」と月刊『Hanada』に書かれています。
発掘された昭和天皇の御製をもとに、大御心に迫ります

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

藤橋進

藤橋進
世界日報編集局長

1955年、石川県七尾市生まれ。慶應義塾大学文学部卒。1978年世界日報社入社。社会部、文化部、ロンドン特派員を経て、文化部長、サンデー世界日報編集長などを務め、その間、皇室報道にたずさわる。2016年から編集局長。

※ プロフィールは放送日2019.05.10時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。