過去の放送

Vol.274 会員限定

「表現の不自由展」の裏側

2019.08.16 42分

8月16日金曜夜10時、第274回のゲストは、参議院議員の和田政宗さんです。
愛知県で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」。
その企画展「表現の不自由展・その後」が中止になりました。
「表現の不自由展・その後」には、昭和天皇の写真を焼く映像や慰安婦像などが、展示されていました。
「トリエンナーレ」実行委員会の会長を務める大村秀章愛知県知事は、「ガソリン携行缶を持って(会場の)美術館に行く」というファックスがあったので、安心安全の確保が難しいと、「表現の不自由展・その後」の中止を決めたとしています。
しかし、そもそも税金を使い、愛知県や名古屋市が主催しているように見える芸術祭で、このような展示を行うことは表現の自由と呼べるのか。表現の自由をめぐり、様々な議論が行われています。
和田さんは、「トリエンナーレ」は文化庁の助成事業であること、補助金の交付決定はまだ行っていないことを文化庁に確認。
そして、「トリエンナーレ」芸術監督である津田大介氏のインタビュー記事を読んで、こう述べておられます。
〈津田大介氏は中止した「表現の不自由展・その後」について、確信的に「公立の美術館や行政の文化事業」で開催したと述べた。
 国の助成事業において、ある主張の展示を利用しようとする人物がいれば、「日本が国として認めた」と利用されてしまう可能性がある〉
「表現の不自由展・その後」の裏側をお伺いします。

和田政宗

和田政宗
参議院議員

1974年10月14日、東京生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業(日本外交史)。1997年、アナウンサーとしてNHKへ入局。新潟局、帯広局、大阪局を経て2009年7月より仙台局に勤務。東日本大震災の報道や取材に携わる。2013年7月21日、第23回参議院議員選挙において、みんなの党公認で出馬し、宮城県選挙区で初当選。

※ プロフィールは放送日2019.08.16時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。