過去の放送

Vol.281 会員限定

韓国でも大反響!文在寅の誓詞文

2019.10.04 42分

10月4日金曜夜10時、第281回のゲストは、ジャーナリストの篠原常一郎さんです。
篠原さんが『月刊Hanada』10月号に寄稿した「文在寅に朝鮮労働党秘密党員疑惑」が韓国でも大反響となっています。韓国メディアは無視したものの、覆面姿で誓詞文を紹介するハングルの動画がユーチューブなどに流され、一気に拡散したということです。
10月号の寄稿は、韓国内の朝鮮労働党の秘密党員が2014年6月15日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(当時、第一書記)に忠誠を誓う「誓詞文」を送っていたというものです。誓詞文には40の個人・団体名が記されており、そこに文在寅現大統領の名もあります。篠原氏が入手した誓詞文には、次のような10カ条が書かれています(抜粋)。
・(韓国の)自由民主主義体制をたたき潰し、全朝鮮半島に主体(チュチェ)思想化を実現するのに、一命を藁のようにささげます
・駐韓米軍を南半分から完全に追い払う
・南側政府の警察、検察など司法部と行政部に浸透し、政府の行政機能をマヒさせる
・革命戦士として名誉と自負心を胸深く刻み、主体的な祖国統一の先頭に立つ
主体思想とは、北朝鮮や朝鮮労働党の政治思想で、正恩氏の祖父、金日成主席によって唱えられたもので、誓詞文の通りに文在寅政権は動いている、とも言えます。
10月号の反響とともに、11月号掲載の続報も含めて、篠原さんにお伺いします。

篠原常一郎

篠原常一郎
ジャーナリスト

1960年、東京都生まれ。立教大学文学部教育学科卒。公立小学校の非常勤教員を経て、日本共産党専従に。筆坂秀世参議院議員の公設秘書を務めた他、民主党政権期は同党衆議院議員の政策秘書を務めた。そのかたわら軍事、安全保障問題の評論を執筆。主な著書に『ノモンハンの真実』(筆名・古是三春、光人社NF文庫)、『いますぐ読みたい 日本共産党の謎』(徳間書店)。

※ プロフィールは放送日2019.10.04時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。