過去の放送

Vol.283 会員限定

韓国3・1独立運動の嘘

2019.10.18 49分

10月18日金曜夜10時、第283回のゲストは、朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊さんです。
韓国の文在寅大統領は9月の国連総会一般討論演説で、「100年前に日本の植民支配に抵抗し3・1独立運動が起き、大韓民国臨時政府が樹立された」と語りました。
「3・1独立運動」は、大韓民国憲法の前文にも次のように書かれています。
〈悠久な歴史と伝統に輝く我が大韓国民は、3・1運動で打ち建てられた大韓民国臨時政府の法的正統性と、不義に抗拒した4・19民主理念を継承し、祖国の民主改革と平和的統一の使命に立脚し、正義、人道および同胞愛をもって民族の団結を鞏固にして、あらゆる社会の弊習と不義を打破する〉(『新解説世界憲法集 第3版』三省堂)
朝日新聞が運営するサイト『GLOBE+』に掲載された韓国映画『抗拒:柳寛順物語』に関する記事では、「3・1独立運動」を〈植民地朝鮮の人々が日本からの独立を宣言し、全国で「万歳」を叫んだ運動〉としています。また、先の映画の主人公を〈この万歳デモを先導したとされる人物の一人は、女性独立運動家の柳寛順(ユ・グァンスン)。ソウルで始まった運動を地方に広げるのに貢献したとされる〉と紹介しています。
しかし、韓国の主張する3・1独立運動には嘘があると松木さん。
この韓国の嘘を徹底的に論破します。

松木 國俊

松木 國俊
朝鮮近現代史研究所所長

1950年、熊本県生まれ。1973年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。同年、豊田通商株式会社入社。1980年~84年、豊田通商ソウル事務所駐在。秘書室次長、機械部次長を経て、2000年、豊田通商退社。2001年、松木商事株式会社設立、代表取締役。現在、朝鮮近現代史研究所所長。著書に『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』『ほんとうは、日韓併合が韓国を救った!』(ともにワック)など。

※ プロフィールは放送日2019.10.18時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。