過去の放送

Vol.293 一般公開

今年の韓国を大総括

2019.12.27 42分

12月27日金曜夜10時、第293回のゲストは、産経新聞元ソウル支局長の加藤達也さんを迎え、令和元年の韓国問題を大総括します。
韓国海軍による自衛隊機へのレーダー照射事件、戦時労働者(いわゆる「徴用工」)問題、韓国の輸出管理、GSOMIA破棄通告とその撤回……2019年は様々な日韓間の問題がありました。
岸田文雄自民党政調会長はBS-TBSの番組で、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長がいわゆる徴用工訴訟の解決に向けて日韓企業などの寄付金で財団を設立し、慰謝料を支給する法案を提出したことに否定的な考えを示しました。
「慰安婦問題の財団を勝手に解散した国が新たな財団を作る提案をする。どこまで説得力があるのか」「この前段階で、約束したこと、条約をしっかり守ることが大事だ」と発言しています。
今年は日韓関係にとって、どんな一年だったのでしょうか。
また、来年は日韓関係にとってどのような年になるのでしょうか。
日中韓首脳会談、日韓首脳会談についても、加藤さんに詳しく伺います。

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

加藤達也

加藤達也
産経新聞元ソウル支局長・現社会部編集委員

1966年、東京生まれ。91年、産経新聞社入社。浦和総局、夕刊フジ報道部を経て99年から社会部で警視庁(公安・警備部門)、拉致問題などを担当。2004年、韓国・延世大学校で語学研修。社会部、外信部を経て10年11月からソウル特派員、11年11月、ソウル支局長。14年10月から社会部編集委員。 支局長当時、セウォル号事故当日の朴槿惠大統領の「空白の7時間」について、産経新聞のインターネットコラムで論評。「大統領への名誉毀損罪」として韓国で起訴されたが、2015年末、ソウル中央地裁が「無罪判決」を下した。 公権力に不都合な記事を書いた外国人特派員を刑事訴追するという暴挙に出た韓国の実態と裁判の全貌を当事者が明らかにした『なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争』(産経新聞出版)は、第25回山本七平賞受賞。

※ プロフィールは放送日2019.12.27時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 言語道断

    言語道断

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。