過去の放送

Vol.325 会員限定

米中激突と習近平

2020.08.07 45分

8月7日金曜夜10時、第325回のゲストは、評論家の石平さんです。
アメリカのポンペオ国務長官は7月23日、中国の習近平国家主席を「破綻した全体主義の信奉者だ」と批判しました。「もう中国を普通の国としては扱えない」とも述べています。
本気になったアメリカに、中国はどう対応するつもりなのでしょうか。
中国では長江流域で「80年に1度」の大水害が発生し、政府の発表だけでも約3800万人の人々がすでに被災しています。
石平さんは、「習主席が水害の被災地を訪れたことは一度もない。彼は北京から数回「水害対策」に関する指示を出しているが、被災地に直接出向いたり、現場の軍隊や民衆を激励したりするようなことは一切しなかった」と産経新聞の連載「石平のChina Watch」で指摘されました。
さらに、「対策本部」も立ち上がっていないといいます。
いったい中国では何が起こっているのでしょうか。
また、疫病、大水害から「敵前逃亡」する習近平主席はアメリカにどう対応していくつもりなのか。香港問題もあわせて伺います。

石平

石平
評論家

1962年、中国四川省成都生まれ。北京大学哲学部卒業。四川大学哲学部講師を経て、1988年に来日。1995年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関に勤務ののち、評論活動へ。2007年、日本に帰化する。著書に『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書、第23回山本七平賞受賞)、『なぜ論語は「善」なのに、儒教は「悪」なのか』『石平の裏読み三国志』(PHP研究所)、『私はなぜ「中国」を捨てたのか』『石平の眼 日本の風景と美』(ワック)、『中国人の善と悪はなぜ逆さまか 宗族と一族イズム』(産経新聞出版)など多数。

※ プロフィールは放送日2020.08.07時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。