過去の放送

Vol.338 一般公開

韓国・朝鮮報道 レベルが低すぎる

2020.11.06 45分

11月6日金曜夜10時、第338回のゲストは、東京通信大学教授の重村智計さんです。
重村さんは、10月10日に行われた朝鮮労働党創建75周年記念式典での、金正恩委員長の演説は事前録音に合わせた「口パク」だったと指摘。米韓の情報機関は、肉声の声紋分析を行っているということです。
北朝鮮は工作国家なので、だまされないために公開情報の裏を読まなければならない。しかし、日本の報道はレベルが低すぎると警鐘を鳴らす重村さん。
韓国「徴用工」問題なども含めて日本の新聞報道について伺っていきます。
また、重村さんは、ネットメディア『iRONNA』で日本のメディアは全く報じなかったとして次のように書かれています。
〈北朝鮮は菅義偉(よしひで)政権発足以来、まだ一度も菅首相を批判していない。これも大変異例だ。75周年式典の演説でも日本批判に触れなかった。日朝関係改善の意向を示唆した。それを裏付ける事実がある。日本のメディアは全く報じなかったが、金委員長の演説の1カ月前、北朝鮮は日本に関係改善のシグナルを送った〉
新たな日朝関係が動き出すとする、その背景を伺います。

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

重村智計

重村智計
東京通信大学教授

1945年中国遼寧省生まれ。鹿児島県沖永良部島出身。69年早稲田大学法学部卒業後、毎日新聞社に入社。79年ソウル特派員、89年ワシントン特派員、94年毎日新聞論説委員などを歴任。この間、韓国・高麗大学と、米国・スタンフォード大学に留学。退社後は拓殖大学国際開発学部教授、早稲田大学国際教養学部教授を歴任。現在、早稲田大学名誉教授、韓国延世大学客員教授。最新刊に『日韓友好の罪人たち』(風土デザイン研究所)、ほかに『金正日の後継者』『北朝鮮はなぜ潰れないのか』(以上、KKベストセラーズ)、『金正日の正体』『朝鮮半島「核」外交』『外交敗北─日朝首脳会談と日米同盟の真実』(以上、講談社)など多数。

※ プロフィールは放送日2020.11.06時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。