過去の放送

Vol.354 会員限定

アルツハイマー征服 研究者たちの闘い

2021.02.26 49分

令和3年2月26日金曜夜10時、第354回のゲストは、ノンフィクション作家の下山進さんです。圧倒的な取材に基づく『2050年のメディア』(文藝春秋)が話題になった下山さんですが、今度は研究者たちのアルツハイマー病との闘いを描いた『アルツハイマー征服』(KADOKAWA)が大反響となっています。
アルツハイマー病研究の歴史について、下山さんは2000年代から興味を持つようになったといいます。日・米・欧の主要人物に取材し、研究者、医者、製薬会社そして患者とその家族のドラマを積み上げる形で『アルツハイマー征服』をお書きになりました。
名声に囚われた科学者の捏造事件、治験に失敗した巨大製薬会社の破綻、治療薬開発に参加した女性研究者の発症とその苦悩、そして家族性アルツハイマー病を患った母の人生を語った女性の勇気…。
「日本のサイエンス・ノンフィクションの転換点」「日・米・欧の大勢の関係者から同等の深さで機微に触れるエピソードを引き出しているのは、すごいとしか言いようがない」と絶賛されるご著書と研究者たちの闘いについて伺います。

下山進

下山進
ノンフィクション作家

1993年コロンビア大学ジャーナリズム・スクール国際報道上級課程修了。著書に『アメリカ・ジャーナリズム』(丸善)、『勝負の分かれ目』(KADOKAWA)、『2050年のメディア』(文藝春秋)がある。慶應SFCと上智新聞学科で「2050年のメディア」の講座を持つ。

※ プロフィールは放送日2021.02.26時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 言語道断

    言語道断

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。