過去の放送

Vol.355 会員限定

小池都知事はコロナで何をしたのか

2021.03.05 44分

令和3年3月5日金曜夜10時、第355回のゲストは、「都政新報」編集長の後藤貴智さんです。
菅総理は2月26日、緊急事態宣言対象地域の10都府県のうち、首都圏を除く6つの府県について、28日で解除することを表明しました。
首都圏の1都3県については、「宣言の期限である来月7日に向けて、飲食店の営業時間短縮をはじめとするこれまでの対策を一層徹底していく」とのことです。
「都政新報」では2021年2月26日号で、〈都議会は24日、代表質問を行い、新型コロナ対策や小池都政で初めての長期計画「『未来の東京』戦略」などについて論戦を行った〉として、次のように報じています。
〈緊急事態宣言の期限が3月7日に迫る中、小池知事は「ここで感染を徹底的に抑え込む」と述べるにとどめ、解除に向けた具体的な道筋については明言を避けた。他方、7月の五輪開催に向けては、都と国、大会組織委員会は来週にも、IOC・IPCを交えた「5者協議」を開催する予定で、小池知事は「関係者と一丸となって大会成功に向けて全力を尽くす」と述べた〉
東京都では医療体制整備が遅れ、病床が逼迫する事態となり、緊急事態宣言の解除が遅れています。
この一年、小池都知事はいったいどんな新型コロナ対策をしてきたのでしょうか。
後藤編集長に伺います。

後藤貴智

後藤貴智
「都政新報」編集長

1972年、茨城県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒。出版社勤務を経て、2004年に都政新報社入社。東京都や都内区市町村が取り組む政策などを中心に扱う専門紙「都政新報」編集部に配属。2016年4月から現職。

※ プロフィールは放送日2021.03.05時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。