過去の放送

Vol.364 会員限定

この国難に自民党は何をしているのか

2021.05.07 44分

令和3年5月6日金曜夜10時、第364回のゲストは自民党政調会長の下村博文さんです。
下村さんは自民党の新型コロナウイルス感染症対策本部長でもあります。
現在、5月11日までの予定で、三度目の緊急事態宣言が発出されています。
休業要請された施設や時短要請の飲食店などをはじめ、国民と経済への負担は大きくなっています。
一方、人口あたりの病床数が世界一の日本で、医療崩壊とも言われる状況となっており、ワクチン確保、ワクチン接種は進んでいません。
そんな中、下村政調会長は4月19日、65歳以上の高齢者に対する新型コロナウイルスのワクチン接種について「自治体によっては医療関係者の協力が足らず、65歳以上に限定しても場合によっては来年までかかるのではないか」「全国民が接種できるのは来年春くらいまでかかるところもあるかもしれない」と語ったと報道されました。
自衛隊を投入した大規模接種も始まるということですが、ワクチンの接種は今後、どのようなスピードで進むのでしょうか。
また、これまでの政府・与党のコロナ対策、今後の対策について伺います。

下村博文

下村博文
自民党政調会長

1954年、群馬県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。平成元年、東京都議会議員に初当選。96年の衆議院総選挙において東京11区より初当選。以来、8期連続当選。自民党副幹事長、内閣官房副長官、衆議院法務委員長、文部科学大臣、自民党選挙対策委員長などを歴任。現在、自民党政務調査会長。

※ プロフィールは放送日2021.05.07時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 言語道断

    言語道断

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。