過去の放送

Vol.372 会員限定

東京五輪と朝日新聞

2021.07.02 45分

令和3年7月2日金曜夜10時、第372回のゲストは産経新聞論説委員兼政治部編集委員の阿比留瑠比さんです。
7月23日から開催される東京五輪について、朝日新聞は5月26日、「夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める」との社説を掲載しました。
朝日新聞は東京五輪のオフィシャルパートナーです。
社説掲載と同日、朝日新聞社は同社HP「お知らせ」に、「東京2020オフィシャルパートナーとして」を掲載しました。
〈新型コロナウイルス感染の拡大により、大会の開催を懸念する声が広がるなど、さまざまな議論がなされる状況となっています。感染状況などを注視し、オフィシャルパートナーとしての活動を続けてまいります〉
東京五輪オフィシャルパートナーとしての朝日新聞の「五輪中止」社説は、ロイター通信、AP通信などの海外メディアにも報じられました。
いったい朝日新聞は何がしたいのか。
東京五輪で朝日新聞はどのような報道をするのでしょうか。
立憲民主党や共産党も、朝日と同様に五輪中止を求めています。
立憲民主党の越さく良氏は6月1日の参院厚生労働委員会で菅義偉首相に五輪中止の決断を迫りました。都議選でも立憲民主党は「感染拡大の懸念を払拭できない限り、延期できなければ中止するしかない」とし、共産党も「今夏の五輪中止の決断を直ちに下し、都のあらゆる力をコロナ対策に全力を集中することを強く求める」としています。
五輪に反対する人たちについて伺います。

阿比留瑠比

阿比留瑠比
産経新聞論説委員兼政治部編集委員

1966年、福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。90年、産経新聞社入社。仙台総局、文化部、社会部を経て、98年から政治部。首相官邸、自由党、防衛庁、自民党、外務省などを担当し、首相官邸キャップ、外務省兼遊軍担当などを歴任。2013年、政治部編集委員。15年、論説委員兼政治部編集委員。 著書に『だから安倍晋三政権は強い』『偏向ざんまい GHQの魔法が解けない人たち』『破壊外交 民主党政権の3年間で日本は何を失ったか』『決定版 民主党と日教組』(いずれも産経新聞出版)、『総理の誕生』(文藝春秋)、『政権交代の悪夢』(新潮新書)など。

※ プロフィールは放送日2021.07.02時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。