過去の放送

Vol.387 会員限定

「菅政権から岸田政権」で何が変わるのか

2021.10.15 43分

令和3年10月15日金曜夜10時、第387回のゲストは自民党参議院議員の和田政宗さんです。
10月19日公示、31日投開票で衆院選が行われます。
岸田政権が発足し、報道各社が行った支持率は次のようになっています。

 報道機関 支持 不支持
 共同通信 55.7%(+25.6%) 23.7%(−34.8%)
 朝日新聞 45%(+15%) 20%(−31%)
 毎日新聞 49%(+12%) 40%(−15%)
 読売新聞 56%(+25%) 27%(−30%)
 日経新聞 59%(+21%) 25%(−26%)
 ※カッコ内は菅内閣時の前回調査との差

昨年9月の菅内閣発足時の支持率は66.4%。2012年12月の第2次安倍内閣では62.0%でした(以上、「ZAKZAK」より抜粋)。
岸田首相は10月8日、所信表明演説を行いました。
岸田首相が掲げる「新しい資本主義」とはどのようなものなのでしょうか。
また、外交・安全保障は、対中政策どのような方向に進むのでしょうか。
岸田政権は、安倍政権、菅政権と何が違うのでしょうか。
新内閣の布陣、衆院選の行方も含めて和田議員に伺います。

和田政宗

和田政宗
参議院議員

1974年10月14日、東京生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業(日本外交史)。1997年、アナウンサーとしてNHKへ入局。新潟局、帯広局、大阪局を経て2009年7月より仙台局に勤務。東日本大震災の報道や取材に携わる。2013年7月21日、第23回参議院議員選挙において、みんなの党公認で出馬し、宮城県選挙区で初当選。

※ プロフィールは放送日2021.10.15時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。