過去の放送

Vol.415 会員限定

ポリコレの正体

2022.04.29 47分

令和4年4月29日金曜夜10時、第415回のゲストはノンフィクションライターの福田ますみさんです。
福田さんの著書『ポリコレの正体』が話題です。
「ポリティカル・コレクトネス(ポリコレ)」、つまり「政治的正しさ」という正義の名の下に、新たな次元の支配システムが、アメリカを蝕んでいると福田さんは警鐘を鳴らしています。
例えば、アメリカでは非キリスト教徒に配慮するという大義名分のもと、すでに「メリークリスマス」という言葉は奪われました。また、性差別への配慮で、「お父さん」「お母さん」も公式の場では使えなくなってしまっています。
カリフォルニアでは、LGBTQに配慮するため、結婚式の際、「夫」とも「妻」とも言えないといいます。
「ポリコレ」の難しさは「正義という仮面(マスク)」をかぶっているから「反論しにくい」のだと福田さんは指摘しています。
「差別を許す気か!」「弱者の権利を認めないのか!」
そんな非難から始まる全メディアを挙げての集団リンチは、すでに日本でも行われています。
アメリカの事例、日本の事例、そして「ポリコレの正体」を福田さんにお伺いします。

福田ますみ

福田ますみ
ノンフィクションライター

1956年、横浜市生まれ。立教大学社会学部卒。専門誌、編集プロダクション勤務を経て、フリーに。犯罪、ロシアなどをテーマに取材、執筆活動を行っている。著書に『スターリン 家族の肖像』(文藝春秋)、『暗殺国家ロシア 消されたジャーナリストを追う』(新潮社)。『ポリコレの正体』(方丈社)などがある。2007年に『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』(新潮社)で第六回新潮ドキュメント賞を受賞。

※ プロフィールは放送日2022.04.29時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。