過去の放送

Vol.420 会員限定

岸田政権は憲法改正するのか

2022.06.03 45分

令和4年6月3日金曜夜10時、第420回のゲストは元自民党政調会調査役の田村重信さんです。
中国軍とロシア軍の爆撃機計6機が5月24日、日本列島に沿う形で共同飛行しました。翌25日には北朝鮮が日本海へ向けて、弾道ミサイルを断続的に発射し、日本の排他的経済水域(EEZ)外に着弾しました。1発は、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)と見られています。また、ウクライナを侵略しているロシアの大物政治家であるセルゲイ・ミロノフ国家院議員が4月1日、「ロシアは北海道に対する権利を有している」と述べるなど日本の安全保障環境は緊迫しています。
しかし、いまの日本国憲法で、日本の安全を守ることはできません。
岸田文雄首相は自民党総裁選で、総裁任期中に憲法改正を目指すとし、5月3日の産経新聞の単独インタビューでは、9条への自衛隊明記について「自衛隊の違憲論争に終止符を打つため、大変重要な課題であると丁寧に説明を続けていきたい」と述べました。夏の参院選で改憲を党公約の重点項目に掲げるということです。
岸田首相は本当に憲法改正を実現する覚悟があるのか。
また、考えられる改憲のスケジュールはどのようなものになるのか。
このまま日本が憲法を改正しなければ、どのような事態が起こるのか。
自民党で国防を担当し、憲法に関する著書もある田村さんにお伺いします。

田村重信

田村重信
元自民党政調会調査役

一九五三年、新潟県栃尾市(現長岡市)生まれ。拓殖大学政経学部を卒業後、慶應義塾大学大学院法学研究科で「憲法と安全保障」を学ぶ。橋本龍太郎政調会長の政調会長室長、橋本総裁の総裁担当を務めた。元自由民主党政務調査会調査役として外交・国防・インテリジェンス等を担当。 現在、自民党政務調査会嘱託。日本国際問題研究所客員研究員、拓殖大学桂太郎塾名誉フェロー、国家基本問題研究所客員研究員、元ボクサー坂本博之後援会会長。陸自幹部候補生学校に「田村文庫」。最新刊に『気配りが9割』(飛鳥新社)。著書に『安倍政権と安保法制』(内外出版)、『秘録・自民党政務調査会 16人の総理に仕えた男の真実の告白』(講談社)など。

※ プロフィールは放送日2022.06.03時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』