過去の放送

Vol.442 会員限定

円安は損か得か

2022.11.04 48分

令和4年11月4日金曜夜10時、第442回のゲストは嘉悦大学教授の髙橋洋一さんです。
円安が進む中、「国力低下の反映」「日本が安い国になった」などという金融緩和政策を否定的にみる論調が増えています。
髙橋さんは、〈国内総生産(GDP)をドル換算し、日本のランキングが下がったことで「日本は安い国」といい、円安を悪いものとして煽る論調もある。しかし、これまでの円高・デフレで成長が阻害された結果を表していると見たほうがいい〉と指摘。
〈金融緩和否定論者は、結局デフレ・円高論者でもある。そうした人たちは、金融政策が雇用政策であることも無視して雇用にも配慮がない。デフレや円高では苦しむ人が多くなり、国民全体の給与を意味するGDPも縮小気味だが、勝てる人も一握りいる。勝者は、苦しむのは能力のせいだと主張しがちだ〉 として、官僚、学者、マスコミにそのような考えの人が少なくないと述べています(共に、zakzak2022年10月28日)。
また、政府は10月28日に総合経済対策を閣議決定しました。
補正予算は29兆円となります。
朝日新聞は社説「経済対策決定 財政規律の喪失を憂う」(2022年10月29日)で次のように批判しています。
〈政策の優先順位や将来世代への負担を脇におき、総額を膨らませれば支持が得られるだろうという発想なら、次元の低さにあきれるばかりだ。
 英国では、トラス前首相が打ち出した大型減税策で金融市場が混乱した。財政規律に対する信認が失われれば、市場が制御できなくなることを肝に銘じる必要がある〉
髙橋洋一さんに円安、政府の総合経済対策について伺います。

髙橋洋一

髙橋洋一
嘉悦大学教授

(株)政策工房会長、嘉悦大学教授。1955 年、東京都生まれ。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。80 年、 大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンス トン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、 内閣参事官(首相官邸)などを歴任。小泉純一郎内閣・第1次安倍晋三内閣で経済政策のブレーンとして活躍。著書に『さらば財務 省!』(講談社、第 17 回山本七平賞受賞)、『マスコミと官僚の「無知」と「悪意」』『日経新聞と財務省はアホだらけ』(田村秀男氏との共著、共に産経新聞出版)、『「消費増税」は嘘ばかり』 (PHP新書) 、『図解 統計学超入門』(あさ出版)など多数。

※ プロフィールは放送日2022.11.04時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』