過去の放送

Vol.323 一般公開

激動2019「米中はどこまで戦うか」

中国は強い相手に「弟分」をうまく演じる

2018.12.28 59分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 誰の目にも世界情勢が大変な速度と規模で変化しているのは明らかです。言論テレビ今年最後の番組では、ニクソン研究から始まり、アメリカ外交の分析では余人の追随を許さない国際政治の第一人者田久保忠衛さんをゲストに迎えました。
 この一年、アメリカの後退と中国の膨張で世界秩序が揺らぎました。まず、民主主義国の塊であったヨーロッパ共同体=EUとアメリカの距離がすこし広がり、ロシアの影響力が強まっています。中東でもサウジアラビアの皇太子の関与が疑われるカショーギ記者殺害でサウジとアメリカの関係が悪化し、これまたロシアがサウジに接近する構図が生まれています。
 2019年の米中関係、アジア、ヨーロッパ、中東はどのような変化を体験するのか、中国はアメリカには逆らわないというのが田久保さんの見立てです。短期的にはそうであって中長期的はどうなのか、中国の底意地の悪い外交の前で最も厳しい局面に直面する国の筆頭が日本の私たちです。私たちの覚悟が問われています。
今年最後の言論テレビにふさわしいずっしりした内容になりました。どうぞ、お楽しみください

≪動画の目次≫
 1.トランプ政権は「同盟論」が欠如している
 2.10・4ペンス副大統領演説を分析する
 3.同盟国軽視の傾向が「混沌」を生む
 4.中国は孟晩舟逮捕でなぜ米国を批判しない
 5.中国は台湾旅行法でなぜ米国を批判しない
 6.中国はサード韓国配備で米国を批判しない
 7.中国は強い相手には「弟分」を演ずる
 8.「ジュニア・スーパー・パワー」の罠
 9.中国は米国と同盟国との対立を回避する
10.中国は米国と「妥協」を欲している
11.来年は中国に世界的な逆風が吹く
12.トランプ大統領弾劾の可能性がある

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

田久保忠衛
外交評論家,国家基本問題研究所副理事長

1933年千葉県生まれ。早稲田大学法学部卒、時事通信社外信部長、編集局次長を経て、杏林大学社会科学部教授。アメリカ外交、国際関係論が専門、1996年第12回正論大賞受賞。現在、公益財団法人「国家基本問題研究所」副理事長、杏林大学名誉教授。著書に『ニクソンと対中国外交』、『激動する国際情勢と日本』、『新しい日米同盟―親米ナショナリズムへの戦略』、『早わかり・日本の領土問題-諸外国と何をモメているのか』など多数。

※ プロフィールは放送日2018.12.28時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 亡国の危機

    亡国の危機

    10月15日発売!

    1,870円(税込)

    真の保守よ、今こそ結集せよ。なすべきことは、目の前にある。コロナ禍で混乱を極める政治、無礼な隣国、そして激化する米中の覇権争い――日本は今、戦後最大の“危機”の中にある。だがこれは戦後最大の“チャンス”でもある。日本の意思と努力で、国際社会の流れを変えるのだ。日本人が本来持っている「力」を結集すれば、必ず道は開ける。強く逞しい日本が世界のリーダーとなる処方箋。

  • 中国の暴虐

    中国の暴虐

    5月29日発売!

    1540円(税込)

    「中国と戦う時が来た。日本は一歩も引いてはならない」ウイグル、モンゴル、香港、そして尖閣、台湾へと習近平の非道が続く。共産党の暴虐を体験した楊逸氏、楊海英氏の二人と櫻井よしこ氏が中国の本質を浮き彫りにして、日本と日本人へ警鐘を鳴らす

  • 赤い日本

    赤い日本

    5月1日発売!

    968円(税込)

    これが中国の代弁者だ。親中反日、反軍事、反国家…中国とGHQの遺物に金縛りの日本。論客と共に「内なる敵」を明らかにする。