過去の放送

Vol.324 特別無料配信

激動2019 安倍首相が取り組む天命

五嶋龍が生かす情熱、櫻井よしこの憲法改正

2019.01.04 65分

 新年第1回は、新春スペシャル「激動2019への『宿命』と『情熱』」を放送いたします。櫻井よしこキャスターと世界的ヴァイオリニストの五嶋龍さんが安倍首相を官邸に訪ねて、新年への安倍総理の『宿命』、そして五嶋龍さんの『情熱』などを語り合いました。
 3人の共通点は「拉致への取り組み」です。安倍首相は就任以来拉致問題にを最優先で取り組み、櫻井キャスターは「拉致被害者救出するぞ!第1回国民大集会」以来、拉致被害者の皆さんと共に長年にわたり活動してきました。五嶋さんは世代を超えて拉致問題への理解を深めようと大学オーケストラと共演するなど「プロジェクトR」を進めています。拉致被害者を日本に戻すためにいったい何をすればよいのか安倍首相にお聞きしました。

≪櫻井よしこの対談後記≫
 皆様、あけましておめでとうございます。
 今年初めての番組は安倍総理と世界的なヴァイオリニスト五嶋龍さん、それに私、三人の鼎談です。第二次安倍政権は七年目を迎え、多くの課題に挑み、果実をもたらす年です。このベテラン政治家の安倍総理に初々しい若者、五嶋さんが挑みました。拉致問題に始まり、それぞれが天命として取り組んできた課題についてユニークなお話を聞くことができました。三人三様の思いが時には交差し、ときにはぶつかる場面もありました。今年1年、世界の動きがどうなるか、不透明な部分も沢山ある中で、お二人の話は信念をもって歩み続けることがどんなに大切かという事を語っていたと思います。

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

安倍晋三

安倍晋三
内閣総理大臣

1954年、東京生まれ。成蹊大学法学部政治学科卒業後、(株)神戸製鋼所を経て、1993年、衆議院議員初当選を果たす。現在、当選7回。自由民主党幹事長、内閣官房長官などを歴任。2006年、第90代内閣総理大臣に就任し、2007年に辞任したが、2012年に第96代内閣総理大臣に再び就任。

五嶋龍

五嶋龍
ヴァイオリニスト

ヴァイオリニスト。1988年ニューヨーク生まれ、ハーバード大卒業。7歳でPMFデビュー。以来、著名オーケストラ、指揮者と共演。JR東のイメージボーイ、「五嶋龍のオデッセイ」、「題名のない音楽会」等に出演。平成29,30年にはプロジェクトR(リメンバー・拉致・龍)を企画、6公演を行う。春には広上淳一指揮の京都市交響楽団、秋のゲルギエフ指揮マリインスキー管弦楽団との共演を控え、外務省派遣の音楽文化交流にも余念がない。日本音楽財団貸与のストラディヴァリウス「ジュピター」1722年製使用。

※ プロフィールは放送日2019.01.04時点の情報です

Instagramはじめました フォローはこちらから

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』