過去の放送

Vol.408 一般公開

増えているのは感染者でなく「陽性者」

感染者激増報道を恐れず今は落ち着く時だ

2020.08.14 62分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 増え続ける武漢ウイルスの感染問題について、今夜はとても考えさせられる情報を伺いました。
 感染者が増えているという報道を毎日目にしていますが、感染者と陽性者の違いから認識しなければならないということをまず学びました。
 日本医大の松本尚先生は千葉県でクラスターを起こした障害者施設を担当し、クラスターをおさめた方です。松本先生に正論編集長の田北真樹子さんと一緒にお話を聞きました。
 松本先生は今の日本のコロナウイルスに対する姿勢はおかしい、皆がもっときちんとウイルスについての認識をもち、一日も早く元の生活に戻すべきだというのです。
 どのテレビ番組でもなされていないような極めて詳しい説明をして下さいました。聞いて少し安心し、明るい気持にもなりました。

≪対談で語られた論点≫
 1.千葉障害者施設クラスターをこうして撲滅
 2.感染者数と陽性者数は全く違う
 3.重傷者増加を印象付ける朝日新聞の意図
 4.武漢ウイルスは「弱毒化」しているのか
 5.治療方法が進み治癒する人が増えた
 6.PCR検査は増やせば良いのではない
 7.コロナとインフルエンザの冬対策
 8.開業医が簡易防御でPCR検査ができるか
 9.PCR検査は「その時の状況」しかわからない
10.With coronaではなく「元の生活に戻る」

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

松本尚
日本医科大学救急医学教授

1962年生まれ。1987年金沢大医学部卒業。金沢大医学部附属病院救急部・集中治療部講師、日本医科大救急医学准教授などを経て2014年4月から現職。日本医科大学千葉北総病院救命救急センター長で、印旛地域救急業務メディカルコントロール協議会会長などを務めている。専門は救急・外傷外科学、救急医学、災害医学、消化器外科学、経営管理学。

田北真樹子
産経新聞月刊「正論」編集長

1970年大分県生まれ。米国シアトル大学コミュニケーション学部でジャーナリズムを専攻し、96年産経新聞入社。整理部記者、前橋支局、外信部を経て、2000年から政治部。森喜朗首相の総理番を振り出しに、首相官邸、自民党、外務省を担当、09年にニューデリー支局長に就任。13年以降は、「歴史戦」取材班などで慰安婦問題などを取材してきた。15年に政治部に戻り首相官邸キャップを経て、現在は産経新聞正論編集長。

※ プロフィールは放送日2020.08.14時点の情報です

Instagramはじめました フォローはこちらから

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』