過去の放送

Vol.431 会員限定

医療崩壊に日本医師会の遅すぎる“変身”

ワクチン接種が多すぎる“船頭”で迷走中

2021.01.22 64分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 今夜はまたもや武漢ウイルスを扱いました。私たちはこの番組で幾度も訴えてきました。人口当たりのベッド数が世界一の日本でコロナウイルス陽性者、重症者、死亡者の数が欧米諸国に較べて二桁も低いとき、何故医療崩壊がおきるのかと。
 今夜もまた同じ問いを現実に投げかけてみて、得た結論は二つありました。1つは日本医師会及び開業医の協力が必要だという点です。もう1つはドクターやナースなど、いわゆる医療に関わる人々や機材の集中が必要だということです。
 医師会もようやく協力の姿勢を示し始めました。実効再生産数も1を切りました。ピークが過ぎてゆるやかに陽性者が減少していくと思われます。あとひと息、ふた息我慢すれば事態が改善する見込みです。
 ゲストは佐藤正久さんと松本尚さんでした。コロナを克服するには、どの立場の人も一人一人、自分の出来る形で協力をしなければいけない。それが明らかになりました。

≪対談で語られた論点≫
 1.日米外交が“ヤバイデン”にならぬように
 2.なぜ日本は保健所の数を減らしたのか
 3.日本医療はコマンド&コントロールがない
 4.日本医師会のあまりにも遅い“協力”
 5.都内特定機能病院が重症者受け入れに偏り
 6.東大病院がなぜコロナ対応に積極的でないか
 7.早い段階でコロナ専用病院を作るべきだった
 8.お金で医師を動かすのは非常時だけの対策
 9.即断即決できる緊急時医療体制を構築
10.ファイザー契約は厚労省でなく官邸主導
11.ワクチン接種が多すぎる“船頭”で迷走中
12.ワクチン開発は防衛先端技術が基礎

佐藤正久
参議院議員

1960年福島県生まれ。1983年防衛大学校卒業、陸上自衛官として国連PKOゴラン高原派遣輸送隊初代隊長、イラク先遣隊長、復興業務支援隊初代隊長などを歴任。2007年に退官し、同年参議院議員(全国比例区)に初当選、2012年防衛大臣政務官、外交防衛委員会理事、自民党参議院政策審議会副会長。無意不立(国民の政治への信頼なくしては国が成り立たない)が座右の銘、風貌から「ヒゲの隊長」として親しまれている。著作に『ヒゲの隊長のリーダー論』、『守るべき人がいる』、『ありがとう自衛隊 ヒゲの隊長が綴る日本再興奮』など。

松本尚
日本医科大学救急医学教授

1962年生まれ。1987年金沢大医学部卒業。金沢大学医学部第2外科を経て、2014年4月から現職。日本医科大学千葉北総病院救命救急センター長で、千葉県医師会理事、防衛省メディカルコントロール協議会部外有識者委員、産経新聞「正論」執筆メンバーなどを務めている。専門は救急・外傷外科学、救急医学、災害医学、消化器外科学、経営管理学。

※ プロフィールは放送日2021.01.22時点の情報です

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • 言語道断

    言語道断

    5月27日発売!

    1760円(税込)

    日本が真っ当な独立国にならない限り、この美しい国も心優しい国民も、究極的に守ることは難しい。日本の脆弱性が武漢ウイルス禍の最中、明らかになったいま、待ったなしの多くの改革が必要なのだ。それを否定することは日本の未来を閉ざすに等しく、言語道断なのである。

  • 親中派の嘘

    親中派の嘘

    5月9日発売!

    968円(税込)

    武漢ウイルス、米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選、韓国・北朝鮮......。嘘と隠蔽の中国共産党から自由を守る闘いを6人と論じる。

  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。