過去の放送

Vol.455 一般公開

最大赤字「朝日新聞」が毎日新聞になる日

「五輪中止」でもスポンサーを続けるカラクリ

2021.07.09 62分

≪櫻井よしこの対談後記≫
 五輪開催が近づいてきました。
 政府は突然東京と近隣3県の無観客開催を決めました。そこまでしなくても大丈夫ではないかと思います。
 富岳のシミュレーションではオリンピックスタジアムに定員よりもずっと少ない1万人を入れたとしても、感染者は1人以下という結果がでたそうです。
 こうした統計や見通しに反する形で無観客にしたのですが、菅さんを支えたいと思う私でさえさすがに世論を気にしすぎだと思いました。
 今夜のテーマは朝日新聞でした。五輪開催に反対していながら公式スポンサーを降りないその裏にどんなカラクリと商売の仕方があるのか。つき詰めていくと朝日はやがて毎日新聞のような極論を物する小規模な新聞社になるということでした。
 ゲストは上念司さんです。彼なりの経営分析もとても参考になりました。

≪対談で語られた論点≫
 1.五輪無観客決定の上念・櫻井コメント
 2.感染者ゼロリスク信仰が問題だ
 3.朝日新聞「五輪中止」社説に鉄槌!
 4.緊急事態宣言中に「甲子園」をやるのか
 5.朝日は売上に比べ営業利益の少ない
 6.朝日は赤字が続けば7~8年でつぶれる
 7.“赤い朝日”が本当に赤字で真っ赤っか
 8.なぜ朝日は公式スポンサーを継続したか
 9.朝日全国吹奏楽コンクールの販促実態
10.朝日「夏の甲子園」の凄まじい販促実態
11.朝日は赤字解消のため新聞を止めるべき
12.朝日は火のついた爆弾を次に渡す経営
13.赤字朝日新聞が毎日新聞になる日

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

上念司

上念司
経済評論家

株式会社「監査と分析」代表取締役。1969年、東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。在学中は日本最古の弁論部・辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年より、経済評論家・勝間和代氏と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任。2011年の東日本大震災に際しては勝間氏と共に「デフレ脱却国民会議」を設立し、事務局長に就任。震災対策として震災国債を日本銀行の買いオペ対象とすることを要求。白川方明総裁までの日本銀行の政策を強く批判してきた。著書に『テレビ局はなぜ「放送法」を守らないのか —民主主義の意味を問う』(ベストセラーズ)、『財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済』『習近平が隠す本当は世界3位の中国経済』(講談社+α新書)など多数。

※ プロフィールは放送日2021.07.09時点の情報です

Instagramはじめました フォローはこちらから

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』