過去の放送

Vol.262 会員限定

『主戦場』はプロパガンダ映画だ

2019.05.24 43分

5月24日金曜夜10時、第262回のゲストは、AJCN代表の山岡鉄秀さんです。
『主戦場』という映画が公開されています。
映画の公式サイトには、トニー・マラーノ氏(テキサス親父)、藤木俊一氏(テキサス親父事務局)、山本優美子氏(なでしこアクション)、杉田水脈氏、藤岡信勝氏、ケント・ギルバート氏、櫻井よしこ氏の名前が、「登場人物(映画登場順)」として記されています。
映画は、慰安婦問題をテーマにしたドキュメンタリーだという触れ込みですが、取材依頼を受諾した上記の方々は、全員が後悔しているということです。
山岡さんは、この映画になぜこれだけの保守系言論人が出演することになったのかについて、月刊『Hanada』2019年6月号に書かれています。
〈いまから二年ほど前、ミキ・デザキという上智大学の院生を名乗る青年が、保守論壇でお馴染みの言論人にアプローチしてきた。「慰安婦問題に焦点を当てたビデオドキュメンタリーを作りたいから取材させてほしい。修士修了プロジェクトです」というのだ〉
この映画の監督であるデザキ氏は、「公平」「倫理的義務」「学術的研究」「学術的基準」という言葉を使い、「偏ったジャーナリズム的なものになることはありません」と、メールのひとつで断言しています。
が、蓋を開けてみれば、映画はそれとはほど遠いものでした。
保守系言論人が取材依頼を受諾した経緯について、まずお伺いします。
また、院生を名乗り、アプローチしてきた、ミキ・デザキ監督とはどのような人物なのか、映画の〝悪辣な手口〟についてお伺いします。

山岡鉄秀

山岡鉄秀
AJCN代表

Australia-Japan Community Network(AJCN)代表。昭和40年、東京都生まれ。中央大、ニューサウスウエールズ大大学院卒。2014年、豪州ストラスフィールド市において中韓反日団体が仕掛ける慰安婦像設置計画に遭遇。子供を持つ母親ら現地日系人を率いてAJCNを結成。「コミュニティの平和と融和の大切さを」を説いて非日系住民の支持を広げ圧倒的劣勢を挽回。2015年8月、同市での「慰安婦像設置」阻止に成功した。著書に『日本よ、もう謝るな! 』、ケント・ギルバート氏との共著に『日本を貶め続ける朝日新聞との対決 全記録』(共に飛鳥新社)など。

※ プロフィールは放送日2019.05.24時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • 問答無用

    問答無用

    1月18日発売!

    1,728円(税込)

    国を惑わする元凶を一刀両断!“米中激突”による世界の大激変を前に、国家として「自らの力で自らを守る」ための決断は待ったなし。我が国が成し遂げるべき「真の自立」を阻む言説など問答無用!日本が進むべき正しい方策を示す。

  • 朝日リスク

    朝日リスク

    3月8日発売!

    950円(税込)

    報道しない自由、歪曲、印象操作、傲慢、恫喝。朝日新聞は民主主義の敵だ!朝日戦の当事者が朝日の手法と体質を証言。なぜ同じ過ちを繰り返すのか。国難に朝日は危険だ!かの新聞の病をつまびらかにする。

  • チベット自由への闘い

    チベット自由への闘い

    12月17日発売!

    950円(税込)

    チベットの悲劇――中国の暴虐と人権弾圧の恐るべき実態を 今こそ日本人は知っておかねばならない。中国に侵略・弾圧されているチベット。宗教などの自由が厳しく抑圧され、拷問さえ横行し、人びとはとてつもない苦境に置かれている。