過去の放送

Vol.449 会員限定

自衛隊は官舎も食事もボロボロ

2022.12.23 46分

 令和4年12月23日金曜夜10時、第449回のゲストはジャーナリストの小笠原理恵さんです。
 12月16日、政府は「国家安全保障戦略」「国家防衛戦略」「防衛力整備計画」の安保3文書を閣議決定しました。反撃能力の保有などで、日本の抑止力を高めていくものです。
 防衛費は27年度までの5年間で総額43兆円、現行の1・5倍になり、27年度には公共インフラや科学技術研究費などを含めて現在のGDP比2%に近づけるということです。
 背景には中国の脅威があります。軍拡を続ける中国の習近平総書記(国家主席)は10月16日、中国共産党大会で台湾統一に強い意欲を示し、武力行使を放棄せずと言明しました。
 その中国と向き合う自衛隊はそもそも現在、どのような状況にあるのでしょうか。
 自衛隊を取材されてきた小笠原さんに写真を見せて頂きながら、自衛隊官舎や食事のボロボロぶり、給料や生活など待遇について伺います。

小笠原理恵

小笠原理恵
衛官守る会代表・ジャーナリスト

1964年、香川県生まれ。関西外国語大学卒。広告代理店勤務を経て、フリーライターとして活動。自衛隊の待遇問題を考える「自衛官守る会」代表。現在、日刊SPA!で「自衛隊ができない100のこと」を連載中。著書に『自衛隊員は基地のトイレットペーパーを「自腹」で買う』(扶桑社新書)。月刊Hanada プラス連載中。第15回「真の近現代史観」懸賞論文最優秀藤誠志賞を受賞。

※ プロフィールは放送日2022.12.23時点の情報です

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら
  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』