過去の放送

Vol.125 一般公開

駐韓米国大使襲撃事件の政治的背景を探る
「第5の権力」過激な従北市民団体が野放しの実態

2015.03.13 60分

 朝鮮半島では、理解に苦しむ出来事が次々と起こります。マーク・リッパート駐韓米国大使が、ソウルで市民団体代表に刃物で襲われ、右ほほ80針の重傷を負う事件が起きました。犯人の金基宗(キム・ギジョン)は従北朝鮮で反米、反日、要注意の民族主義活動家です。韓国では「第5の権力」と呼ばれている市民団体や活動家が野放し状態で、過激な事件が続いています。櫻井キャスターは「訳の分からない主張をするNPO、NGOが多くあるが、増えたのが金大中、盧武鉉の時代だった」と述べると、洪熒氏は「市民団体は2万以上もあり、韓国では、北朝鮮が韓国を内部から崩壊させる戦略として市民団体を作らせた。そして、韓国では政治家になるためには市民団体出身が有利になる」と語りました。日本から見ると韓国の市民団体の実態はほとんどわからず、韓国内で野放し状態になっている市民団体がどんな活動をして、社会にどう受け止められているのかが明らかになりました。この後も、洪熒氏は韓国の保守陣営として従北勢力、北朝鮮とどのように闘うのか、米韓、日韓、中韓関係の将来をどのようにするのか櫻井キャスターと熱い議論を展開しました。

≪動画インデックス≫
 1.米国リッパート大使襲撃事件をソウルの人々はどう受け止めた?
 2.犯人金基宗と北朝鮮とのつながり
 3.金基宗の犯行にどんな政治的な背景があるのか?
 4.襲撃事件後に朴大統領支持率が急上昇した理由
 5.「第5の権力」になった市民団体は2万以上でほとんど野放し
 6.韓国政府は左翼系市民団体を監視できているのか?
 7.左翼系市民団体は北朝鮮に操られている
 8.金日成奨学金をもらった人々が韓国の権力中枢部に入り込んだ
 9.米国シャーマン国務次官の発言で韓国は
10.韓国はリッパート大使襲撃事件の全貌を解明できるか?
11.朝鮮総連の北朝鮮送金分から韓国工作費が流れていた
12.米韓、日韓、中韓関係は将来こうなる!
13.韓国はなぜ慰安婦問題を言い続けるのか?
14.北朝鮮が核ミサイルに実戦配備したら朝鮮半島はどうなる

IE/Edgeブラウザではスキップ機能を利用できない場合がございます。Chrome/Firefox/Safariブラウザではスキップが可能です。

プロバイダや使用場所によっては再生が途切れる場合がございます。動画が停止した場合、ブラウザの更新ボタンを押してください。

洪熒

洪熒
元駐日韓国大使館公使

1948年生まれ。ソウル出身。陸軍士官学校卒業。歩兵将校として野戦部隊の小隊長などを経て国防部勤務。外務部へ転職後、駐日韓国大使館で参事官と公使を務める。退官後、早稲田大学客員研究員, 桜美林大学客員教授を経て、現在、統一日報論説主幹。訳書に『蜃気楼か?中国経済』など。

※ プロフィールは放送日2015.03.13時点の情報です

Instagramはじめました フォローはこちらから

様々なテーマで徹底議論シリーズ別 過去の放送

週刊誌や月刊誌に執筆したコラムを掲載闘うコラム大全集

言論テレビ 会員募集中!

生放送を見逃した方や、再度放送を見たい方など、続々登場する過去動画を何度でも繰り返しご覧になることができます。
詳しくはこちら

アップデート情報など掲載言論News & 更新情報

  • ハト派の嘘

    ハト派の噓

    2022年5月24日発売!

    968円(税込)

    核恫喝の最前線で9条、中立論、専守防衛、非核三原則に国家の命運を委ねる日本。侵略者を利する空論を白日の下にさらす。 【緊急出版】ウクライナ侵略、「戦後」が砕け散った「軍靴の音」はすでに隣国から聞こえている。力ずくの独裁国から日本を守るためには「内閣が一つ吹っ飛ぶ覚悟」の法整備が必要だ。言論テレビ人気シリーズ第7弾!

  • 迷わない完全版

    迷わない。完全版

    2022年2月18日発売!

    935円(税込)

    「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」――これが母から学んだ私の信念です。 波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。

  • 宿命の衝突

    宿命の衝突

    2022年1月21日発売!

    1,650円(税込)

    100年に1度の世界潮流の大変化。日本に覚悟はあるか!中国利権を捨て、自由と民主主義を守る戦いへ - 『アメリカが揺らいで、中国が立ち上がった。日本は、その恐ろしさに気づくことさえできれば、道が開ける。自らの運命を切り拓くことが可能になる! 』